ワーキングホリデーは渡航前にやるべきことがたくさんあり、その準備の内容によって渡航後の充実度にも大きく影響します。

そしてその過程において重要な役割が、かける費用です。

 

もちろん費用と言っても人それぞれ使い方が違うので、「いくら必要です」とはっきり言えないですが、「最低〇〇円ぐらいあればOK」という目安はあります。

 

そこで今回は、オーストラリワーホリの事前準備から渡航後までを含めて、一体いくら必要なのかを解説していきたいと思います。

 

【経験談】僕達(夫婦)がAUSワーホリでかかった費用

 

以前僕達は、オーストラリアのワーホリに2年間滞在していた経験がありますが、渡航までにかかった費用は二人で約35万円です。

これはワーホリ経験者の人に言うと、おそらくほとんどの方がびっくりするほど低い予算になります。

 

では一般的にワーホリにかかる費用と、僕達の費用を下記にまとめました。

【一般】【僕達2人分】
ビザ代約4万円約8万円
渡航費約4~6万円約12万円
生活費(1ヶ月分)約2~4万円約6万円
宿泊費(1ヶ月分)約4~6約8万円
学費(3ヶ月分)約30~40万円0円
海外旅行保険約10~20万円0円
パスポート1~2万円0円
【総額】約50~80万円約35万円(2人分)

ビザ申請費用は定期的に変更有り。為替によっても金額が異なります。

 

このように僕達のAUSワーホリ費用は一人当たり20万円もかかっていない為、とにかく激安です。

しかし僕達の場合はかなりレアケースであり、語学学校も通っていないし海外旅行保険にも加入していません。

 

それはお金が無かったからではなく、オーストラリアのワーホリに行く前にすでにニュージーランドでワーホリを1年経験してたこと。

そしてその経験があったからこそ、保険の加入や語学学校に通うメリットをあまり感じなかったことが理由に挙げられます。

関連記事

ワーホリを考えている方なら必ず通る、語学学校に行く?行かないべき?という問題があります。 しかしネットで調べたり、エージェントに聞いてもだいたいは「行った方がいい」と言ってきますよね。   […]

 

また現地到着後すぐに仕事を見つけて収入を得る形を作れたので、この予算で済んだのはその影響もかなり大きいですね。

なので一般的にはあまり当てはまらない人の方が多い為、一人当たり最低50万円は用意しておいた方が何かと安心だと思います。

関連記事

皆さんがワーホリに行くかを決める際に、 「海外で仕事していくらぐらい稼げるんだろう?」 「どこの国が稼げるのか知りたい」 こういったことを一度でも考えたことがあるのではないでしょうか。   […]

 

【重要】2019年以降に渡航される方は最低100万円用意すること

 

ワーホリに必要な予算は、目的や滞在中の過ごし方によって大きく変わってくることから、お金を用意できるならたくさん貯金しておいた方がいいです。

海外滞在中は本当に何が起きるか分からないし、怪我や病気などの危険性も全く無い訳ではありません。

 

実際に僕の友人でも、車で事故に遭って多額の費用を払うことになったとか、スーツケース丸ごと盗まれるような被害に遭ったなど、日本ではなかなか遭遇しない出来事が起きるのが海外です。

なので「必要最低限のお金50万円+余分なお金(20~30万円)」ぐらいは用意しておいて損はしないし、そのお金があることによって選択肢が一気に増えるのでオススメ。

 

更に、2019年4月以降からオーストラリアワーホリの新たな制度が決まり、最低必要な50万円の予算だけでは足りなくなってしまいました。

2019年4月からオーストラリアワーキングホリデービザの申請に、「残高証明が必須」になりました。

今まで自己申告になっていた残高証明が、”十分な滞在資金を保有”という意味で重要視されるようになり、証明として5,000オーストラリアドル(約50万円)以上を残高証明書として保持する必要があります。

残高証明書の発行はご利用の銀行で、英文の書類を発行してもらわなければならず、手数料として1,000~3,000円ほどの料金がかかります。

またオーストラリアのワーホリビザ申請は全てオンラインで行うので、残高証明書の他にもパスポートのコピーも用意し、それらの書類は全てPDFに変換したうえで提出する必要があります。(書類とPDF両方必要)

すごく重要なことなので絶対に忘れないようにしてください。

 

オースティン君

昔から残高証明に関して言われていましたが、ほとんどの日本人は普通にスルーして入国することができていました。

しかし時代と共に規制が厳しくなり、残高証明として最低50万円以上のお金が必要となると、人によっては厳しいと感じる方もいるでしょう。

でもルールはルールなので、「最低必要な予算が50万円+残高証明50万円=100万円」は渡航までに用意すべきということになります。

更にビザ申請代も年々上がっているので、今後渡航される予定がある方は、なるべく早めに行動した方が何かとお得だと思います。

 

【タイプ別】AUSワーホリに必要な予算をまとめてみた

 

セイラちゃん

ワーホリの目的やタイプ別に必要な予算をまとめてみたよ。

ちなみに私達の場合は、渡航後すぐに仕事をすることを目的にしていたので、必要な予算が極端に少なくて済んだだけなんだよね。

とにかくワーホリに行って何をする予定で、どんな経験をしたいのかによって金額も大きく変わることから、自分に合ったプランを先に決めておくのがポイントだよ♪

 

ワーホリエージェントを活用して渡航される方(ホームステイ+語学学校)

【最低限必要な予算】

エージェント代(約80万円)+残高証明(50万円)=最低130万円~

ワーホリで訪れる多くの日本人の方がこのパターンを選択する傾向にあります。

 

プランとしては、

  1. ワーホリエージェントを決める(資料請求や無料セミナーに参加)
  2. エージェントへ支払い&サポートへ開始(プランニング)
  3. 現地での住まい・学校・その他各種手配
  4. 渡航
  5. ホームステイに滞在
  6. 語学学校に3ヶ月通う
  7. 現地で仕事を探す
  8. エージェントのサポート終了

大まかに説明するとこのような形で進んでいくと思います。

エージェントに任せていれば、色々な手続きを全てサポートしてくれるので非常に助かるのですが、その分費用が高いのがデメリットです。

 

エージェントには有料と無料の2種類あり、

  • 有料エージェント…全てのサポートが有料
  • 無料エージェント…ホームステイや語学学校代以外が無料

ほとんどがこのような仕組みになっており、実はどちらもエージェント代として費用が取られることに変わりはありません。

 

なので無料エージェントの場合、一見するとお得なように見えて、実はホームステイや語学学校の料金に上乗せして費用を請求する形を取っているので、決して完全無料でサポートしてくれる訳ではないのです。

予算はエージェント代だけでも約80~200万円と大幅に違いがあり、契約する会社を慎重に選ばないと確実に損してしまいます。

 

ちなみに僕達は渡航前の手続きから滞在中のことまで全て自分達でやってきているので、エージェントを一切使わず乗り越えてきました。

でも結果的に言うと何の問題もなかったし、むしろ一般的なエージェントに登録するメリットはほとんど無いと思っています。

 

ワーホリの醍醐味は「知らない土地で開拓していく力を身に付けること」だと思っているので、そういったことが苦手な人や誰かのサポートが必要だと言う方はエージェントに登録しましょう。

 

オースティン君

ちなみに私達は従来のエージェントの形を変えるべく、”サポートしないエージェント”として新しい活動をしております。

基本的なことは全てお客様自身で行って頂き、本当に必要なことだけを私達が徹底サポート。

主に現地生活のサポートに力を入れているので、超低コストでありながら常に寄り添ったメンターとして応援させて頂きます。

詳細(公式ページ)は【コチラ】からご確認ください。

 

エージェントを活用せずにスキルを活かしてすぐに働く予定の方

【最低限必要な予算】

最低限の費用(約35万円)+残高証明(50万円)=最低85万円~

この目的で来られる方は、どんな環境でも自由な発想で色々なことに挑戦できるタイプです。

過去に海外を旅した経験があるとか、ワーホリを使って他の地域に住んだことある方がこの傾向にあります。

 

海外生活自体に慣れているので、すぐに仕事も見つけられるでしょうし、生活に困ると言うことがほとんど無いと思います。

なので必要最低限の予算さえあれば十分やり繰りできるでしょう。

 

ただし一つだけ注意することがあり、それは最低限の英語力を習得していることがポイントです。

全く英語が喋れない状態でオーストラリアに訪れても、正直日本食レストランで働くぐらいしか選択肢がありません。

 

ワーホリを充実させるには働く環境もかなり重要な要素なので、なるべく外国人が多い環境で働くのが理想的。

もし英語力が足りない方は結局お金がかかりますが、日本にいる間に勉強しておくか、語学学校に通った方がいいでしょう。

 

仕事は適当に、様々な体験と勉強を両立したい方

【最低限必要な予算】

最低限の費用(約35万円)+残高証明(50万円)+学費(50万円)+遊び代(50万円)+車代(50万円)=約230万円~

オーストラリア国内をラウンドしながら色々な経験をし、勉強と遊びを両立させながら滞在するのがこのタイプになります。

 

実際にワーホリで訪れてきている人の中には、「旅×ワーホリ」を掛け合わせた形で、滞在期間を謳歌している人がたくさん存在します。

仕事に関してはその都度、ファームなどの短期労働でお金を稼いで生活していくスタイルです。

繁忙期であれば都心部で働くよりも、かなり稼げるのがファームのメリットでもあるので、ある意味お金目的でこの選択をするのも有りですね。

 

また自分の時間を確保しやすいことから、語学の勉強にも費やすことができ、旅と言語を掛け合わせて習得できるのも大きな魅力。

またその場合、都心部に住むよりもコストが抑えられる地方に住んだ方が何かとお得なので、車を購入してファームがある田舎や日本人がいないローカルの地を目指した方がいいでしょう。

 

そうなると色々とお金はかかってしまいますが、このような経験は一生に一度あるか無いかなので、個人的にはオススメ滞在方法の一つになります。

 

【その他】AUSワーホリ中にあったら得するもの(予算)

 

 

海外旅行保険

予算…10~20万円/1年間

「海外旅行保険」とは、海外滞在中の様々なトラブルで役立つ保険になります。

現地に着いてから盗難にあったとか、空港での荷物の損失、病気になった時の医療費を一部負担してもらったりなど、いざという時に本当に助かるサービスです。

海外滞在中は全ての出来事が自己責任なので、管理するのが苦手という方や、安心材料として念のために入っておきたいという方は加入しておいた方がいいでしょう。

AIG損保のワーキングホリデー保険

 

滞在中の遊び代・旅行代

予算…20~30万円/2年間

ワーホリ滞在中は刺激的な毎日で、現地で出会った友達と飲み会やパーティ、旅行などの計画を立てることもあるでしょう。

勉強と仕事ばかりで閉じこもっていると、思っている以上にストレスが溜まり、泣きながら帰国する日本人を何人も見てきました。

そうならない為にも適度に発散できる機会を作り、余分なお金があることで選択肢も多くなるのでオススメです。

 

現地に持っていく生活必需品・ツール

予算…10~20万円

オーストラリアはすごく大きな国ですが、日本ほど物で溢れている国ではありません。

なので日本では手に入るのに現地では売っていないと言う物も多く、普段から日本で使ってた物があればなるべく持参していった方がいいでしょう。

またせっかくの海外生活を謳歌する為にも、デジタルツールを持っていくと思い出作りに大変便利です。

実際に僕の友達にドローンを持ってきていた中国人がいましたが、大自然を上空から撮れるのが本当に羨ましかったですね。

予算に余裕があるなら現地で使えそうなガジェットを持っていくと便利でオススメ。

関連記事

僕は過去にオーストラリアとニュージーランドにワーホリに行った経験があり、その準備段階で毎回悩みがありました。 それは『持ち物』に関してです。   正直何を持っていけばいいのか分からないし、現 […]

関連記事

ワーホリに行くことを決めたものの、最初に悩んでしまうのが持ち物に関してですよね。 数日の海外旅行なら大量の荷物を必要としないので、最低限の物さえあればなんとかなりますが、ワーホリは最低でも1年間海外に […]

 

まとめ

 

今回はオーストラリアワーキングホリデーに必要な予算をタイプ別に分けて解説しました。

ただしあくまで目安でしかなく、人それぞれ渡航する目的や滞在方法は千差万別です。

 

なので必要な予算は人によって全く異なってくることから、参考程度に理解してもらえたらと思います。

ただしビザの条件や諸手続きは毎年のように変更があるので、必ず定期的に確認するようにしてください。

 

また予算を決める以上に海外滞在中の目的を見つけることが大切で、渡航前の段階で明確な目的があるかどうかで生活の充実度が全く違うものになります。

「なぜオーストラリアのワーホリに行くのか?」「現地でどんな経験をして何を得たいのか?」これらの目的意識は、なるべく早い段階で決めておくことをオススメします。

 

もしワーホリに行く目的が分からない方は、下記の記事を参考にされてみてくださいね。

今回も読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

留学やワーホリと言えば、多くの方は「英語の勉強の為」だと思っているのではないでしょうか。 もちろん英語の勉強も大切なことではありますが、実は英語を勉強する為だけの目的では、その経験が失敗に終わる可能性 […]

関連記事

現在ワーホリや留学などで海外に住まれている方、帰国後の仕事探しや具体的なプランを考えていますか?   実は帰国前にしっかりとした目標や、やりたいことを決めたうえで帰らないと、厳しい現実が待ち […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告