皆さんは、日本人がなぜ英語が話せない(苦手)のか理解されていますか?

小・中学生から高校・大学生ぐらいまで英語を勉強し、それだけの時間をかけて学んできているはずなのに、全く喋れない人がほとんど。

 

これって普通に考えておかしいことですよね。

一般的には日本という環境のせいとか、日本語自体に問題があるとか言われていますが、僕はそれ以外のもっと根本的な部分に全ての原因があると思っています。

 

そこで今回は、日本人がなぜ英語を喋れるようにならないのか?

そして喋れるようになる為のマインドセットを主に解説していきたいと思います。

 

【一般論】日本人が英語を喋れるようにならない理由

 

オースティン君

まずは日本人が英語を喋れない理由に挙げられる一般論から解説し、後で本質の部分へと深掘りしていきます。

日本という国の環境だったり、生活するのに英語を必要としないなども多少は関係していることから、確認も兼ねて「日本人×英語の問題点」をお話ししていきましょう。

 

英語が喋れなくても普通に生活できるから

外国人と言葉が通じない男性のイラスト(英会話)

そもそも日本という国は、英語が喋れなくても生活で困ることが一切ありませんよね。

日本語さえ使えれば職に困ることはないし、特別な理由がない限り安心して暮らせる国の一つです。

 

しかし世界に目を向けてみると、母国語があったとしても英語を必要とする国と言うのがたくさん存在しています。

例えば、

  • 母国の大手企業に就職するには英語が必須
  • 母国の有名大学に入学するのに英語が必須
  • 稼げる国に住んで母国の家族に仕送りしなければならない
  • 母国には仕事が無いから海外に住むしか選択肢がない

このように国それぞれで、生活の保証や安定した収入と英語を喋れる事が密接に関わっています。

 

しかし僕達日本人は職にも困らないし、餓死することもない、更に平等に教育を受けられるような仕組みが整っています。

これだけ豊かな国で生活できると言うのは、他国から見れば幸せだと感じる人がいる一方、そのせいで問題視されるデメリットがあります。

それは「他国と比べて圧倒的に足りないハングリー精神」です。

 

僕達日本人の中には、「日本人って真面目だよね」とか「日本人って世界一努力してる民族」的なことを思ってる人いますよね。

しかしそれは僕達が世界を知らないだけであって、人種によっては日本人よりもハングリー精神を持って、必死に仕事や勉強をしている人がたくさんいます。

 

例えばワーホリ中に僕が出会った韓国人で、彼は昼間は工場で働き、夜はクリーナーの仕事をして、ワーホリ2年間で1000万以上貯めて帰国した人がいました。

滞在中のほとんどを仕事に当てて、一日の睡眠時間3時間程度、ほとんどの時間をお金稼ぎに使っている。

 

疑問に思った僕は「なぜそこまで仕事を頑張るのか?」と聞きました。

すると彼は「将来〇〇(大手企業)で働きたいんだ。だから大学に行くお金を貯める為、そして英語を習得する為にワーホリに来た」と。

 

僕はその彼の必死さや自分の夢に向かって突き進んでる姿に胸を打たれたんですね。

実際に留学やワーホリで海外に訪れている日本人以外の外国人は、英語を完璧に習得する為、もしくは将来に活かせるスキルを得る為に必死な思いで訪れてきています。

 

逆に日本人留学生に話を聞くと、「なんとなく」とか「海外に興味があった」、「英語が喋れるとカッコイイ」と言う意見が多く、その先の目標や夢を語る人はほとんどいませんでした。

そこで僕は気づいたんです。

 

日本人は豊かな国で生きているがゆえに、必死に生きる選択をしなくていいし、良くも悪くも”普通”でいい。

しかしこのマインドを持ってる時点で、必死に英語を習得しようと努力してる人達には一生勝てないと。

 

もし英語が喋れるようになりたいなら、まずはこのマインドの部分から改革し、英語を習得する理由や目標を明確にすること。

そしてやはり英語学習に真剣に向き合う事が、英語習得の第一歩として最も大切なポイントになると思います。

関連記事

「英語を喋れるようになりたい!」と思って勉強を始めても、日本人の約50%以上が途中で挫折して辞めてしまうと言われています。 なぜ日本人は英語の習得がこんなにも苦手なのでしょうか?   その答 […]

 

日本語という言語が英語とは程遠い位置にあるから

帰国子女のイラスト(女性)

次に日本人が英語を喋れるようにならない理由に挙げられるのが、日本語自体が全ての面で英語とは全く異なる言語だからです。

  • 日本語はニュアンスだけで相手に伝わる場合が多い
  • 日本語は主語・動詞・目的語などの文法が変わっても伝わる
  • 日本語は物の単位を特定しなくても相手に伝わる
  • 英語ではない和製英語で相手に伝わる

このように、英語はある法則に沿った構成で言葉を選ばないと相手に伝わりにくいですが、日本語はニュアンスや文法バラバラでも、曖昧な構成だけで何とか伝えることができます。

 

例えば、「1本飲んだ牛乳を今日私」このような文章でも言いたいことは分かりますよね。

でも英語では「今日私は牛乳を1本飲みました」と正確に伝えないと、相手に伝わりにくいという特徴があるのです。

 

ニュアンスで会話を成り立たせていた僕達からすれば、正確に物事を伝えないといけないと言うのが逆に難しく、また文法だけでなく、英語特有の発音が日本語の音に無いものなので、聞き取りにくく発音しにくいのも大きく関係しています。

関連記事

外国人と話したことがある方なら一度は経験すること、それは会話の途中で「〇〇って日本語?英語?」などの言葉のチョイスに悩んでしまう問題。 要は出てきた単語が日本語特有の英語なのか、純粋な英語なのかが分か […]

 

日本の英語教育の仕方に問題があるから

英語の授業をする外国人の先生のイラスト

僕達が学生時代に何年も習ってきた英語教育というのは、あくまで試験に合格する為に必要な勉強法です。

第二言語として英語を習得して会話をしたいのであれば、聞く&話す練習を徹底して行わなければなりません。

 

その良い例が、僕達日本人の英語力の無さで証明していますよね。

本来英語は会話をする為に必要なツールであり、僕達が日本語を普通に喋れるのも、小さい時から勉強してきたと言うより、自然と感覚的に習得してきた人がほとんどだと思います。

 

赤ちゃんの時からママが発する声(音)を聞いて真似して、聴き慣れてきたら実際に口に出してみる。

それを繰り返すうちに文章になって、言葉として相手に伝えられるようになっていきます。

 

大人になってからの英語学習に関しても同じような事が言え、とにかく英語での会話の回数を増やさないことには、本当の意味で習得なんてできる訳がありません。

 

あなたは自分の過去を振り返ってみて、外国人と英語で会話をした回数はどれぐらいありますか?

もし数えるぐらいしか無いようであれば、喋れないのは当たり前です。

 

もう一度言います。英語を喋れるようになるには、英語での会話の訓練をするしか方法がありません。

当たり前のことですが、この本質を分かっていない方がまだまだ多いので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

【重要】日本人が英語を喋れるようにならない本当の理由

 

上記で説明させて頂いた内容はどれも一般的に言われていることであり、知ってる方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に海外に住んで様々な人種と触れ合って感じたのは、もっと内面の精神的な部分に日本人が英語を喋れない理由があるのではないかと思うようになりました。

 

それは『本当は英語が喋れるのに喋れないと思い込んでいること』です。

 

例えば僕の友人でオーストラリア人のジェイ君がいるのですが、彼と何気ない会話をしている時、「ワタシハジェイデス」と片言の日本語で言ってきました。

 

びっくりした僕は「Do you speak Japanese?」と聞いて見たところ、「Yes, iittle bit(少しね)」と言ってきたんですね。

もう少し詳しく話を聞いてみると、学生時代に日本語の授業を専攻していたので多少の知識がある程度。なので彼の日本語は喋れるとは言えないほどひどいものです。

 

しかし彼は、それでもはっきりと「Yes」と述べたんですね。

実はこの「〇〇語喋れるの?」に対して「Yes」と答えるのは、決して彼だけの話ではありません。

例えカタコトの言葉でも、とりあえず喋れるなら「Yes」と自信を持って言う人は本当に多い。

 

これの何が良いのかと言うと、”下手でもとりあえず使ってみる”と言う感覚が、結果的に多言語を喋れるようになるコツだからです。

 

覚えた単語や知ってる言葉をとりあえず発言することによって、それに対する反応が返ってきますよね。

例えば日本人に対して間違った日本語を使っていたら、「それは〇〇だよ!」と修正してあげませんか?

 

そして彼らは「そっか〇〇って言えば良いんだな!〇〇!〇〇!」と言って楽しそうに間違いを修正し、正解を試してみる。

日本人でこれをやってる人は見た事がありません。

 

要は日本人は基本的に完璧主義なので、「完璧に喋れるようにならないと喋ってはいけない」「発言するとバカにされるかもしれない」と思ってなかなか発言しない。

実際に試さないから成果が分からずにどんどん遅くなっていく。

 

でもそれを繰り返していれば、いつか喋れるようになると思い込んでただひたすら机に向かって勉強を積み重ねる。

でも全然上達しない。。挫折してしまう。。

これがいわゆる英語学習で失敗する人のよくあるパターンです。

 

しかし僕達日本人は英語の勉強をかなりやってきているので、知識や読み書きに関しては他国の人よりもレベルは高いと思います。

ただ聞く&喋る練習をしてないだけなので、会話の経験を繰り返すだけで他国の人よりも上達できるポテンシャルは持ってるんです。

 

「自信が無いから喋ってはいけない」とか、「間違ってたらどうしよう」と言うマインドが自分の成長を止めてしまい、英語力を伸ばす機会をたくさん失ってしまっています。

 

例えば外国人が日本に旅行で訪れて、街中であなたにカタコトの日本語で話しかけてきたら、バカにして笑うのですか?

当たり前の感覚を持っている人なら「日本語で話しかけてくれてる!嬉しい!」と思いますよね。

 

それで良いんです。下手でもその国の言葉で話しかけてくれた方は嬉しいし、例え言葉として伝わらなかったとしても彼らは何も気にしていません。

気にしているのは話しかけた日本人の方であって、勝手に後で後悔したり、失敗を恥ずかしいと悩んでしまうんですよね。

その余計な心配やマインドはもう捨て去りましょう。

 

何度も言っていますが、英語に関しては何度も会話をして、失敗と成功の訓練をするから結果的に上達するんです。

むしろそれしかありません。

 

英会話ができるようになりたいなら、自分が知ってる限りの英語で話しかけることから始めてみましょう。

また「I can’t speak English(私は英語を喋れません)」と言う言葉を使わないようにしてください。

 

話せるか?と聞かれたら、必ず「Yes, でもちょっとね」ぐらいの感じで言えるようになること。

大丈夫、絶対にあなたは英語を話せるし、今は下手でも必ず上手になります。

 

ただチャレンジすることだけは諦めないようにしてくださいね。

今回も読んで頂きありがとうございました。

関連記事

英語を習得するうえで、「まず最初に目的やゴールを決めた方がいい」と言う意見がありますが、確かにとても重要なことだと思います。 でも実際多くの方は英語を習得する目的が無く、なんとなくとか、将来役に立ちそ […]

関連記事

僕は約3年半ほどワーホリを使って海外に住んでいた経験があり、その間は現地のローカル企業でずっと働いていました。   これを聞いてもあまりピンと来ない人もいるとは思いますが、いわゆる一般的な日 […]

 

英語が続けられない人にオススメの学習ツール

 

オースティン君

英語学習における一番のポイントは「自分に合った学習方法を見つけること」です。

今回の記事で挙げたようなことを踏まえると、やはりモチベーションの維持や長く続けることが最大の課題になってきます。

そこで低コストで、楽しく続けやすいオススメの英語学習ツールを紹介したいと思います♪

 

スタディサプリENGLISH



スタディサプリの魅力

  • 「おもてなし英語」&「海外旅行英語」のカリキュラムから選べる
  • 2020年の東京オリンピックや訪日外国人の対策を兼ねた英語学習プラン
  • 動画講師は「NHKで講師を務めるスティーブ・ソレイシィさん」が担当
  • ストーリー制作は「ごくせん」等の人気ドラマを手掛けた「江藤美智留」さん
  • 英語学習がいつでもどこでも学べてたったの月額1,980円
  • 長期間利用する程お得になるパック料金もご用意
  • 初心者からビジネス英語まで選べるレベル別レッスン
  • 一回3分のお手軽レッスンだから継続しやすい
  • 3ヶ月でTOEICスコア300点アップも夢じゃない
関連記事

最近はオンライン英会話スクールやアプリなどがどんどん開発されていますが、その中でも一部のユーザーから高評価を受けている【スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)】を知っていますか? &nbs […]

 

オースティン君

【スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)】を使ってみると分かるんだけど、月額のコストが全然かからないのに手軽で、しかも日本人が苦手とする部分を解決するカリキュラムが充実しているのが◎

アプリでいつでも人の目を気にせず、やりたい時に何時間でも挑戦できるのは何よりも継続しやすい理由になるでしょう。

今まで挫折しやすかった人も、内容が面白いうえにこの手軽さがあれば気づけばアプリ開いてやってしまう。そんな感じで英語を習得できる夢のようなサービスなんです♪

 

NativeCamp/ネイティブキャンプ


ネイティブキャンプの魅力

  • 月額5,980円で無制限のオンライン英会話が可能
  • 思い立った瞬間に24時間いつでもオンラインレッスンが受講できる
  • 世界100ヶ国以上の講師が時差を活かして常時待機
  • Skypeを使わず独自のWebブラウザを利用するから繋がりにくいストレスが無い
  • レッスン回数に上限が無い為無制限で自分次第でいつでも何回でも会話ができる
  • 通常の学習方法より4倍のスピードで英語を習得できる「カランメソッド」を採用
  • お申し込み後7日間まで無料でお試しができる
  • とにかく数(経験)をこなして上達したい人には最強のサービス

 

オースティン君
【ネイティブキャンプ】は毎月定額で、かつ無制限で受講が可能。しかもやりたい時にいつでもオンライン英会話ができるというのが最大の魅力です。ただし無制限を売りにしている分、お気に入りの講師がいても予約するのにコイン(有料)が必要なので、そこさえ気にしなければたくさんの国籍の人と英語での会話が可能。とにかく極力コストを抑えながら、数と経験値で英語力を伸ばしていきたい方にはぴったりのサービスだよ♪

 

【Cambly】キャンブリー




ネイティブキャンプの魅力

  • 1日30分週5日の利用で12,669円~(12ヶ月更新の場合)
  • シリコンバレー発!世界130ヶ国以上で英語学習に利用しているオンライン英会話
  • 24時間完全予約不要で好きな時間・場所で英会話ができる
  • Skype不要の独自システムを利用しスマホアプリとして外出中も対応可能
  • 講師陣がアメリカ・イギリスなどのネイティブで様々なキャリアに精通した講師を見つけることができる
  • レッスン中の会話を録画できるので間違えた箇所を後で復習できる
  • どうしても分からない箇所を日本語のチャットで聞けて自動翻訳までしてくれる
  • 英語だけではなくドイツ語やスペイン語なども学ぶことができる
  • 録画機能とネイティブ講師なので自分の癖や弱点が可視化できるのが最強のメリット!

 

オースティン君
【Cambly(キャンブリー)】を利用するメリットは、講師陣がバリバリのネイティブなので、フィリピン人がメインのオンライン英会話よりも上級レベルの英語が身に付きやすいこと。そして録画機能や自動翻訳チャットで自分の弱点を簡単に可視化でき、後でトライアンドエラーが何度でも復習できることです。しかも講師陣には様々な経歴を持った方が多く、キャリアに精通する専門用語にも対応してくれることから、ビジネスに必要な英語を学ぶのにも最適なサービスだと言えるよ♪

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告