【初心者向け】独学で英会話を習得する方法!おすすめの教材+本+アプリ

独学で英会話を習得するのに手っ取り早く勉強できる方法が、本や教材、アプリを活用することですよね。

しかし実際にGoogleやAmazonで検索してみると、嫌というほど販売されており、正直どれを選んでいいのか迷うと思います。

 

また実際に買ってみたものの「思っていたのと違った」「途中で飽きて最後までやり遂げられなかった」ことは、英語学習者なら誰もが一度は経験するでしょう。

そんな勉強方法で悩んでいる方へ、海外移住経験のある僕が実際に活用してきた英会話教材をご紹介したいと思います。

 

どれも初心者向きにはなっていますが、一部中級者向けの教材も含まれるので、ご自身のレベルに合わせて選んで頂けたら幸いです。

 

英会話の教材選びで失敗しないコツ

まず英会話の教材選びで失敗しないコツを簡単にまとめました。

  • ネイティブが実際に使う英語が学べること
  • 習得したいスキルに合わせて教材を選ぶこと

 

ネイティブが実際に使う英語が学べること

市販で販売されている英会話教材は、いわゆる一般的な英語(日本語の敬語に近い)を学ぶのに適した構成になっています。

なので教材で学んだことをそのまま外国人相手に使ってしまうと、少し堅苦しい印象を与えてしまう為、実践的に使える英語としては活用できません。

つまり外国人と日常的な会話をしたいだけなら、ネイティブが普段使う生の英語を習得できる教材を選ぶのが何よりも大切です。

ただしTOEICなどの試験対策やビジネスに活かしたい場合は、大学や語学学校などで実際に使われている専用の教材を活用するようにしましょう。

 

話す・聞く・書く・読むことに特化した教材を選ぶ

特に英語に慣れていない人や初心者の方は、基礎である「話す・聞く・書く・読む」それぞれに特化した教材を選ぶ必要があります。

つまり、一つの教材で全てのスキルを習得できる物よりも、「話す為の教材・聞く為の教材」といった具合に、それぞれのスキルに合わせて勉強法を変えないといけません。

なので現在の英語レベルや、特に強化したい分野によって慎重に教材を選ぶようにしましょう。

 

関連記事

皆さんは、「英語を喋れるようになりたい!」と思い色々やってみたけど、結局続けられなかったという経験はありませんか?   僕も英語が好きで勉強を始めたつもりが、毎日の学習がしんどくて挫折した経 […]

 

【ジャンル別】英語学習に役立つ教材+本+アプリ

 

オースティン君
まずはジャンル別に個人的に使って良かった教材を一気に紹介するよ!詳しい内容は下記にまとめてあるので、興味がある物があれば実際に調べてみてね♪

 

リスニング

  1. Hip talk LA(ジュン・セニサック著)
  2. Audible
  3. Pod Cast

スピーキング

  1. スタディサプリEnglish 新日常英会話コース
  2. Cafe talk
  3. 産経オンライン英会話

英文法と語彙力の強化

  1. 英語表現 WORDSENSE 伝えるための単語力(桐原書店)
  2. Understanding and Using English grammar (Pearson long man出版)
  3. Fact bookこれからの英文法(桐原書店)
  4. ラジオ英会話

発音矯正

  1. ①Clear Speech Student’s Book with Integrated Digital Learning
  2. ELSASpeak

TOEIC

  1. TOEICTEST英単語でるのはこれ!
  2. SANTA TOEIC7

 

リスニング強化におすすめの教材

 

セイラちゃん

最初は、英語学習の基礎であるリスニングにおすすめの教材&アプリから紹介していくよ!

 

①Hip talk LA


「Hip talk LA」は英語学習者なら誰もが知る、Youtubeでも人気のジュンさんが書いた教材になります。

 

大抵英会話教室にいる先生は生徒に対してゆっくり話してくれますが、実際に現地の外国人は超早口で話しかけてくるので、英語のリズムに慣れていない方は間違いなく聞き取ることはできません。

なので普段から英語特有の音を聞いておく必要があり、そんな生の英語を聞ける教材が「Hip talk LA」です。

 

アメリカ人同士の生トークが2枚のCDに合計20話収録されていて、しかも日英バイリンガルの分かりやすい解説付きで、ネイティブスピーカーの今風の喋り方をそのまま学ぶ事ができます。

また聞いているだけで親しい友人と会話をしている気分になり、会話の内容が面白くて繰り返し聞いても飽きないのが一番の特徴です。

 

メリット

  • ネイティブの自然な会話が学べる
  • 日英バイリンガルの説明が分かりやすい
  • ストーリーば面白くて飽きない

デメリット

  • 会話のテンポが早いので初めの頃は苦労する

 

②Audible

 

【Audible】は小説やビジネス書、英語の教材や洋書を音声で聞く事ができる、利用者急増中の人気音読アプリです。

まだ利用したことがない方は、人生損するレベルに勿体ないことをしているので、余計なことを考えなくて良いので登録しておきましょう。

英語での活用法としては、洋書の聞き流しや耳を慣らす為、そして単語などを覚えるのに役立ちます。また音読の速度を調整できるし、分からないところを何度も聞き返せるのもリスニング強化にはおすすめです。

 

メリット

  • 月額1,500円
  • 常時無料体験キャンペーン実施中
  • 毎月付与される1コインで一冊購入できる
  • 有料会員のみ30%OFFで商品が買える
  • 豊富なジャンルで40万冊以上を配信
  • 購入前にサンプルが聴ける
  • ダウンロードしてオフラインでも聴ける
  • 音声の速度を調整できる

 

オースティン君

確かに【Audible】は魅力的なサービスではあるんだけど、デメリットとしては「定額聴き放題じゃない・本の値段が高い」事なんだよね。

ただそれはたくさんの本を聴きたい場合であって、英語学習で本を活用する際は、同じ本を何度も繰り返して耳を慣らす事が大切なんだ。

だからそんなに大量の本を読む必要がないし、一冊を丁寧に読み終えた頃にはリスニング力だけじゃなく、語彙力が伸びたことを確実に実感できますよ♪

 

【詳細は公式サイトへ】

 

③Pod Cast


【Pod Cast】は無料で音声や番組を視聴することができるアプリです。

特に海外の英語で発信しているコンテンツが多い為、語学講座・海外のラジオ番組・オーディオブック(朗読)・世界のニュースなど、学習に使えるツールがたくさんあるのが特徴になります。

またほとんどの物が無料で利用できるのも大きなメリットです。

 

メリット

  • コンテンツが充実している
  • 無料で利用できる
  • ダウンロードできるのでオフラインでも利用可能

デメリット

  • コンテンツが多過ぎて選ぶのが大変

 

スピーキング強化におすすめの教材

 

セイラちゃん
次はスピーキングを強化するのに役立つ教材を紹介していくよ!

 

①スタディサプリEnglish(新日常英会話コース)



スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)は、スマホでいつでも英会話が学べるアプリで、多くのユーザーから高い評価を得ています。

日常英会話はもちろん、小学生〜大学生、TOEIC対策など、学習者のレベルに合わせて必要な知識を短い動画で手軽に学べるのが最大の魅力です。

また月額1,980円が基本料金ですが、ほぼ毎月のようにキャンペーンを行っており、たったの月額980円で高品質の授業が受けれるので、正直試さない理由は無いでしょう。

詳しい内容は【別記事】にまとめてあるので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

 

メリット

  • 年代や目的に合わせた授業が受けれる
  • ストーリーが豊富で飽きない
  • 分からなかった部分を重点的に復習できる
  • 学習の成果を数値化して記録してくれる
  • 動画DLでオフラインでも利用できる
  • 日常で使えるフレーズを徹底的に学べる
  • アウトプット重視なので実践的に学べる
  • 外国人に話しかけられた際の会話力を鍛えられる

デメリット

  • 生身の人間から直接教えてもらえない
  • 初心者には難しい授業が一部ある
  • スマホでの授業なので真剣さに欠ける

 

【詳細は公式サイトへ】

 

関連記事

最近はオンライン英会話スクールやアプリなどがどんどん開発されていますが、その中でも一部のユーザーから高評価を受けている【スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)】を知っていますか? &nbs […]

 

②Cafe talk

【Cafetalk】は、オンラインで世界中にいる講師の授業を受けれるアプリで、英語を含めた様々な国の言語、音楽、ヨガ、デザイン、占いなど、ユーザーに合わせた多種多様なレッスンが用意されています。

特に英語を使って自分が興味のある分野をネイティブ講師から直接学べるので、飽きずに続けやすいのが一番の魅力です。

実際に登録してレッスンを受講してみましたが、終了後に音読の発音修正と、発音方法の動画が送られてきて復習に非常に役立ちました。

ただし講師ごとに独自のカリキュラムを使っており、また急に辞めてしまう方もいるので、講師との相性や、常に同じ講師から学びたい方には不満に感じる場合もあります。

 

メリット

  • 講師の質が高い
  • ネイティブ講師から選べる
  • マンツーマンのレッスン
  • 豊富なレッスンプラン

デメリット

  • 講師が急にやめてしまうことがある
  • ネイティブ講師のレッスンは費用が高い
  • 講師によって教え方が異なる

 

【詳細は公式サイトへ】

 

③産経オンライン英会話Plus

【産経オンライン英会話Plus」】は、1日1回のレッスンが用意されており、Skype不要の独自開発レッスンルーム付き、更にテキスト教材・音声教材まで全て付いて月額6,380円で受講することができます。

特に職業別のカリキュラムでは仕事に使える表現が学べるし、フィリピン人講師特有のフィリピンアクセントは全く気にならなかったです。

レッスンはコイン制になっており、休日にまとめて受講、または1ヶ月で使いきれなかった分は翌月に繰り越せるなど、徹底したサービスになっているのも魅力的です。

 

メリット

  • 低価格なうえにサービスが充実
  • テキスト・音声教材まで用意されている
  • 日本人講師にいつでも日本語で相談できる
  • 予定に合わせてレッスンを自由に組み合わせることが可能

デメリット

  • ネイティブ講師が少ない

 

【詳細は公式サイトへ】

 

英文法と語彙力強化におすすめの教材

 

セイラちゃん
次は英文法と英語の語弊力を強化するのにおすすめの教材を紹介していくよ!

 

①英語表現WORD SENSE 伝えるための単語力


文章を構成するうえで必要な「 動詞 」「語法」「接続表現」の知識を一気に学べる参考書です。

基本五文型はもちろん、単語や接続詞をイラストや図解で分かりやすく説明されているので、頭の中でイメージしやすいのが特徴になります。

僕自身は前置詞の復習をする為に購入しましたが、一つ一つの内容が濃く、重要単語の知識を深めるのに非常に役立ちました。

裏表紙にある図解もとても分かりやすいのでおすすめです。

 

メリット

  • イラストや図解入りで分かりやすい
  • 良い意味で深く狭い内容。

デメリット

  • 幅広い単語や文法を学びたい人には不向き

 

②Understanding and Using English grammar


英文法に関して英語で分かりやすく解説しており、ESLでも使われている世界中の留学生に人気のバイブルです。

「英語で文法を学ぶ」と聞いて一見難しそうに感じると思いますが、海外の語学学校に通った場合も英語で授業を受けることになるので、実は英語で英語を学ぶのは一番効率が良い方法になります。

僕がニュージーランド滞在中に文法の授業でこの教材を使いましたが、最初は理解できなくても、徐々に英語脳が身に付いていくのを実感しました。

ネイティブが学ぶ感覚で英文法を鍛えたい方にはかなりおすすめです。

 

メリット

  • 効率的に英文法を理解できる
  • 図解の説明が分かりやすい
  • 別売りのwork bookを使えば繰り返し学習できる

デメリット

  • 説明の英文を読むのに最低限の英語力が必要
  • 文字が多いので飽きやすい

 

③Fact book これからの英文法


英語を「話す・読む・聞く・書く」ために必要な知識を、 初学者にも分かりやすく、著者の講義が聞こえてくるような生き生きとした解説でまとめられた文法書です。

イラストや図解でイメージしやすく、状況に合わせた細かいニュアンスまで学べて、実際に僕自身も英文法で困った時のお助けツールとして現在も活用しています。

 

メリット

  • イラストが多用されていて分かりやすい
  • 構成がシンプルで飽きずに続けやすい

デメリット

  • 膨大な量の情報がある
  • 英語初心者には少しハードルが高い

 

④ラジオ英会話NHKの語学シリーズ


英単語を丸暗記するのではなく、イメージで理解することで自然と脳内に記憶させる画期的な教材です。

受験や資格試験対策に効果的なカリキュラムで、学生の方はもちろん、英会話における語弊力を身につけたい方におすすめ。

またこちらのラジオ英会話は他にも様々なシリーズを出版しており、しかも低価格で販売されていることから、他の教材と併用して使うことで効率的に学習を進めることができます。

 

メリット

  • イメージ×英単語なので覚えやすい
  • 音声DLを使って隙間時間でいつでも学べる
  • NHKのシリーズ物なので他の教材と併用しやすい

デメリット

  • 情報のインプットのみ(記憶重視)

 

発音矯正におすすめの教材

 

セイラちゃん
次は英語の発音矯正に役立つ教材を紹介していくよ!

 

①Clear Speech Student’s Book with Integrated Digital Learning


【Clear speech】は、ケンブリッジ大学出版の発音矯正に非常に効果的な教材です。

英語の発音について図解を使いながら説明されており、リンキングやイントネーションの特徴や使い方を事細かく学ぶことができます。

また日本語を介さずに音と音との繋がりを英語のまま理解することで、話すスピードが早くなり、発音が良くなることでリスニング力を伸ばすことができました。

 

メリット

  • 世界基準の正しい英語を学べる
  • 図解入りで分かりやすい
  • 音声をDLできるのでいつでも聞ける

デメリット

  • 説明が全て英語なので初心者には難しい
  • 音声ダウンロードに必要な会員登録が分かりにくい

 

②ELSASpeak

スマートフォンのマイクに向かって発生した音声を、人工知能(AI)が自動認識し、苦手な部分を分析しながら最適な学習プランを作成してくれる夢のようなアプリです。

また単語の発音だけでなく、フレーズの音の繋がり(リンキング)、そして会話スタイルでの練習ではネイティブと実際に話しているような状態でアクセントや抑揚なども分析してくれます。

AIだからと侮るなかれ、個々の特性に合わせた答えをいつでも教えてくれるというのは、独学で英語を習得したい方には必須のツールになるでしょう。

 

メリット

  • 無料版・有料版(月額900円~)から選べる
  • 発音の苦手な分野をAIが自動算出
  • 最適な学習プランで効率よく学習できる
  • アプリなので時間・場所関係なく学べる

デメリット

  • 少し値段が高い
  • 最初のテストに時間がかかる

 

【詳細は公式サイトへ】

 

TOEIC対策におすすめの教材

 

セイラちゃん
次はTOEIC対策に役立つおすすめの教材を紹介していくよ!

 

①TOEICテスト英単語出るのはこれ!


著者の過去12年分のデータを元に、得点アップに必要な単語・表現を1150語厳選して掲載。

テストに出る単語がパート別に学べて、正直この教材に出てくる内容を全て覚えておけば、ほぼ間違いなく高得点を弾き出せるでしょう。

また動詞、形容詞、名詞などの形違いのものも多く掲載されている為、これを理解しておくことで表現の幅を一気に広げられます。

 

メリット

  • パート別に学べて学習効率が良い
  • 語彙が厳選されている
  • 音声ファイルがダウンロード可能

デメリット

  • コツコツ覚えなければならない
  • 出版から少し時間が経っている

 

②SANTA TOEIC

【SANTA TOEIC】は、韓国で人気を博してから日本でも2019年春にリリースされ、現在15万人、更にアジア圏では125万人が利用する口コミ評価も高いTOEIC対策アプリです。

アプリダウンロード後、実力を把握する為のスコア診断を行い、AIが予測スコアを算出して苦手分野を自動で選んで出題してくれます。

またそれぞれの問題には解説が付いており、注意するポイントや、パートごとのランクも細かく見れる点は、独学でTOEICを勉強したい方に非常に役立つサービスになるでしょう。

他アプリと比べると少し料金が高めですが、アジア圏で人気なだけあって、本気で結果を残したい方にはかなり優秀なアプリです。

 

メリット

  • 人工知能で効率的な学習方法を提案
  • 苦手分野に特化できる
  • 解説動画が分かりやすい
  • いつでもどこでも隙間時間を活用できる

デメリット

  • 費用が少し高い(月額4,900円)

 

【詳細は公式サイトへ】

 

【実践済み】独学で英語を効率的に習得する方法

 

オースティン君

独学で英語を勉強する際の問題点として、やはり「飽きやすい」「続けられない」ことが挙げられます。

この問題を解決するには、やはり”自分が好きなことを英語で勉強する”こと、そして”日常生活に英語を溶け込ませる”ことが何よりも大切です。

これらの方法は実体験として【別記事】に詳しくまとめてあるので、よかったら読んでみてください。

 

  1. 一日の中に英語しか使わない環境や時間帯を作る
  2. 聞いた音(聞こえた音)をひたすら真似る
  3. 普段よく使う物を英語にしてみる

 

セイラちゃん

英語を効率的に習得する一番のコツは、「英語を話す・聞く・書く・読む」という当たり前の時間をいかに作るかが鍵です!

例えば英会話教室に通っても、終了後に日本語でスマホの情報を見ていたら意味がないし、帰宅後に日本語で話してたらせっかく学んだことを忘れてしまうよね。

だから自己管理の元、英語で考えて、英語で話す時間をあえて作り出すことが上達への近道なんだ♪

 

関連記事

僕は約3年半ほどワーホリを使って海外に住んでいた経験があり、その間は現地のローカル企業でずっと働いていました。   これを聞いてもあまりピンと来ない人もいるとは思いますが、いわゆる一般的な日 […]

 

まとめ

 

今回は独学で英会話を習得する際におすすめの教材について解説させて頂きました。

どれも実際に活用してきた物であり、現在も英語で分からないことがあれば確認の為に利用しています。

 

ただ一つだけ言えることは、これらの情報を提供したとしても、一時的にしか使わないのであれば何の意味もありません。

英語は何度も何度も「話す・聞く・書く・読む」を繰り返して、気づいたら身に付いていたという感覚が強いです。

 

英語が話せる多くの人は「気づいたら外国人の会話が聞き取れるようになった」とか「気づいたら英語がスラスラと出るようになった」方が本当に多い。

つまり特に意識しなくても自然に言葉が出るようにするには、それだけ訓練する必要があります。

 

ぜひ一度限りで終わらせず、英語を生活の一部にするぐらいの覚悟で今回紹介した教材を活用して頂けたら幸いです。

では今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事

最近の英語学習者の多くが、Youtubeなどの動画を見ながら勉強していることは知っていますか? 独学で勉強できる人にとっては、英会話教室など行かなくても自宅で簡単に習得できちゃう時代なんです。 &nb […]

関連記事

あのCMで有名な【ライザップ】と言えば、「結果にコミットする」が謳い文句のダイエットカリキュラムですよね。 そのライザップがなんと英語業界にも参入し、英語を本気で学びたい人から絶大な指示を受けているこ […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告