英語の文法は必要?基本5文型の重要性とオススメ参考書を紹介

皆さんは英語を習得するのに「英文法は必要?必要じゃない?」と考えたことはありませんか。

 

「中学校から散々英語を学習し続けてきたのに、全然英語が話せない…」

「英語の文法を勉強したはずなのに、いざ会話となると全く言葉が出てこない…」

「単語学習から始めればいいのか、文法から始めればいいのか、何が正解か分からない…」

 

これらを解決する為に、まず結論から言わせて頂くと、英語を話せるようになりたいなら文法の勉強は必須です。

なぜそんなにも文法が重要なのか、そしてどのように勉強すればいいのかなど、英語を話せるようになる為に本当に知っておくべき英文法を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

【結論】英語を喋れるようになるには基本5文型を理解すること

 

英語の文法を学習していく上で、必ずと言っていいぐらい覚えなければいけないのが「基本5文型」。なぜなら英語の骨格、骨組みだからです。

「文型」をもっと具体的に説明すると、「主にS(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)の4要素からなる語順のルール」のことです。

M(修飾語)という要素が入る場合もありますが、修飾語の存在は文型の種類に影響を及ぼしません。あくまで大事なのは、S、V、O、Cの4つです。

英語だけでなく、多くの言語にはS、V、O、Cに対応するものがあります。

S、V、O、Cをどの順番で並べるかという語順のルールは言語によって異なりますが、中には語順が似ている言語もあります。

英語はSVO(主語→動詞→目的語)型、日本語はSOV(主語→目的語→動詞)型の文型が基本です。

引用元:シェーン英会話

 

始めにこの骨格を理解することで、自分で英文を作成できるようになる。

更にその基礎を理解できたら基本5文型を使って積極的に話してみること。それが上達のための礎であり、その順番を守らないと一向に話せるようにはなりません。

 

英語は語順の言葉であり、間違った語順を使うと相手に伝わりません。逆に私達が使う日本語は語順の言葉じゃないことはご存知でしたか。

順番が間違っていても、助詞である「で、に、を、は」などが正しく使えていれば意味が成立します。

 

例えば “I gave him a puppy”「 私は彼に子犬をあげた」という文ですが、語順を間違えて”I gave a puppy him. ”としてしまうと「私は子犬に彼をあげた」 と、間違った意味の文になってしまいます。

日本語では「彼にあげました、子犬を。」と順番を変えても意味は通じますよね。

 

このように英語の場合は、「基本5文型」を理解していないと正しい意味の文を組み立てることができません。

ネイティブの子供達は文法は理解していないですが、意識せずに正しい語順で話をします。

それはお父さんやお母さん、家族からの話かけによって赤ちゃんの頃から英語の語順がしっかり染み付いているのです。

 

同じように日本人の子供も教えらえることなく、助詞をうまく使いこなしています。「基本5文型」を習得することは英語話者としてのスタートラインに立つのと同じことだと言えるでしょう。

日本人の私達には英語の語順が染み付いていないので、しっかりと習得する必要があります。

 

留学をして英語のシャワーをあびることで感覚的に習得することも可能ですが、たくさんの時間と費用がかかります。

子供のように言語を習得できる時期を過ぎてしまっている学習者にとっては、基本5文型を学習することは、英語を習得するための近道となるでしょう。

 

オースティン君

僕達日本人も小さい時からママやパパの話す言葉を見様見真似してきて、その中で使い方や言葉の意味を自然と理解してきたんだよね。

無意識にやってきてきているから、文法の必要性に関して意味を感じていないだけで、それが更に言語が変わるとなると全く別物として捉える必要があるんだ。

でも逆に、文法の仕組みさえ理解してしまえば相手に伝えることはできるので、実は日本語を覚えるよりも簡単に習得できるのも特徴なんです。

なので余計なことを考えずに「英語は文法が大切なんだ」とシンプルに理解し、基礎的な部分から固めていけば大人になってもコミュニケーションが取れる程度の英語力は身に付くということ。

 

基本5文型が大切な理由+オススメの学習法

 

では「基本5文型」がなぜ重要なのでしょうか?

そして理解できている人と出来ていない人では何が違うのでしょうか?よくある例を挙げてみます。

お客様からの質問に英語で答えるAさん。英語のマニュアルは、ある程度暗記しています。

しかし英語の文型は理解していません。ある時、外国人のお客様からの問い合わせにマニュアル通り答えましたが、さらに踏み込んだ質問をされると黙ってしまいました。

この話の何が問題で、Aさんには何が足りなかったのか分かりますか?

 

答えはシンプルに、マニュアルに載っていた言葉しか覚えてなかったこと。

そして様々な状況に合わせて、使いこなせる英語(文型)の知識を兼ね備えてなかったことですよね。

 

よくある例として、外国人から「How are you?」と聞かれたら「I’m fine!」と答える典型的な日本人がいますが、これを使っているネイティブの外国人はほとんどいません。

では逆にあなたは、「元気ですか?」と聞かれたら毎回「元気です」と答えますか?答えませんよね。

「今日は調子悪いです」とか「まあまあです」とか「めっちゃ元気です」など、色々な言い方があるはず。

 

このように、文章としての型をいくつも理解しておかないと、偏った英語だけを使ってコミュニケーションを取ってしまいます。

だからこそ正しい文型(文の形)で相手に伝える為にも、基本5文型を学習しておく必要があるのです。

 

では簡単に「基本5文型」の基礎を解説しましょう。

 

オースティン君

英語の基本5文型は、4つの主要素S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)で成り立っています。

例えば、「Is This a pen?」と聞かれて、多くの日本人は「Pen!」と単語で答えると思います。これは決して間違ってはいないですが、文型で答えると「Yes, This is a pen」になります。

This(主語) is(動詞) a pen(目的語)と言う文章にすることで、より正確に、正しい情報を相手に伝えることができる。

このように英語で答える時は、なるべくこのS・V・O・Cの4つをイメージしながら文章で伝える努力をすること。

これだけで英語初心者から早く抜け出せるきっかけになるんです。

 

セイラちゃん

日本語でも「これはペンですか?」と聞かれたら、「ペン!」と一言だけの返事だと、どうしても幼稚な印象を与えてしまい、大人の会話としては違和感がありますよね。

「間違いなくこれはペンです」とか「その通り!これはペンです」など、色々な言い方を変えて答えるのが会話というもの。

また相手に伝えるだけではなく、相手を納得させたり、自分の意見を語る時には単語だけでは本当の意味で相手に伝わらない為、文章というものが必要になってきます。

なので英語を話すうえでは、この基本5文型を学ぶことが上手に話す為に必要な要素になるのです。

 

オススメの文法学習法+教材

 

オースティン君

僕達日本人は学生時代に、ある程度の英語の基礎を学んできているので、実はそこまで大量にやらなくてもちょっと勉強すれば思い出せることがほとんど。

ただ社会人の方は忘れてしまった部分も多いと思いますので、復習を兼ねて英語の参考書やアプリなどを使って学習するようにしましょう。

では個人的にオススメの基本5文型が学べる参考書を紹介します。

 

 

 

 

 

セイラちゃん
文型を理解できたら、実際に文型を意識して話してみましょう。文の構造の分析に慣れてきた方や、さらに理解を深めたい方には下記もオススメ。

 

 

まとめ

 

最後に一言だけ言わせて頂くと、実際に基本の5文型を理解しただけでは英語を話せるようにはなりません。

英語の文法や単語を覚えた所で、誰かと話す経験を積まない限り本当の意味で話すスキルは上達しないんですね。

 

英語を話せるようになる為にはステップを踏む必要があり、特に学習始めの頃は、インプットした以上にアウトプットすることが何よりも大切なこと。

ただ、もしかしたら英語を話す機会がないという方や、恥ずかしくて話せない人もいるでしょう。

それを解決するには海外留学などをして、英語を話さなければならない状況に身を置くのが手っ取り早いですが、仕事や学校もあるし、費用もかかるので決して簡単なことではないですよね。

 

そんな方は、お家で学べるオンライン英会話レッスンなどを活用し、時間も場所も選ばず、忙しい社会人の方でも隙間時間を使ってアウトプットができる環境を作るように意識しましょう。

またマンツーマンレッスンであれば、1対1なので恥ずかしがらずに先生と話せるし、海外に住んでる講師ならご自身の予定に合わせて講師も選べるというのは大きなメリットになります。

 

 

ぜひ、先ほど紹介したような教材を使って基本5文型を勉強したら、英語を話す機会を自ら作ってみてください。

英語は実際に相手に伝わる経験をすることが一番のモチベーションになり、その経験をすればする程自分の英語力も確実に成長するのですから。

 

では今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事

あのCMで有名な【ライザップ】と言えば、「結果にコミットする」が謳い文句のダイエットカリキュラムですよね。 そのライザップがなんと英語業界にも参入し、英語を本気で学びたい人から絶大な指示を受けているこ […]

関連記事

海外滞在中、英語を勉強している時によく感じていたことがあります。 「英語の教材って何でこんなつまんないんだろう。。」   英語を勉強するという根本的な理由は外国人と会話をする為であり、自己満 […]

関連記事

僕は約3年半ほどワーホリを使って海外に住んでいた経験があり、その間は現地のローカル企業でずっと働いていました。   これを聞いてもあまりピンと来ない人もいるとは思いますが、いわゆる一般的な日 […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告