今回はブログーなら必ずやらなければならない、グーグルアナリティクスの登録・設定の方法について、分かりやすく簡潔にまとめました。

 

この記事が参考になる人とは?

  • グーグルアナリティクスの登録方法を知りたい方
  • ワードプレスインストール後にやることを知りたい方
  • ブログで収益やアクセス数をしっかり管理して運営したい方

 

グーグルアナリティクスと言われても聞き慣れない人にとっては、「ちょっとめんどくさそう。。」と思われがちですが、ブログを運営していくうえですごく大切なことなのでしっかり覚えましょう。

 

そもそもGoogle Analyticsって何?

 

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するホームページやモバイルアプリ(AndroidアプリやiOSアプリ)といったWebコンテンツのアクセス解析ができるツールです。

今や多くのユーザーがWebを利用して商品を購入するため、ブログやホームページからの売上が事業拡大(ビジネスの成長)に直結します。

なので、サイトに訪れたユーザーがどんな行動をしてるか?アクセス解析してWebコンテンツを最適化しながら、ホームページの売り上げを伸ばすことが重要となります。

つまり、サイトのアクセス解析ができるGoogleアナリティクスが、Webマーケティングの成功において不可欠なツールとなります。

引用:SEOラボ

 

オースティン君

Google Analyticsと聞いて拒否反応が出る方がいますが、ブログを運営していくうえで、データの管理は必須の項目です。

データを読み解くことで、よく読まれている記事はもちろん、日々のアクセス推移、ユーザーの特徴など、これらが分からないとサイトの方向性を決めていくことができません。

むしろこの管理を怠るようではプロの発信者とは言えないです。

せっかくブログを通して色々な人と繋がりを作れるのですから、よりユーザーの希望に沿った記事を書く為にも、しっかりデータを取って運営していきましょう。

 

Google Analyticsの設定の流れを超簡潔に分かりやすく解説

 

①グーグルアナリティクスに登録しよう

Googleアカウントを持っている前提で話を進めていきます

  1. Google Analyticsトップページの「アナリティクス」をクリック
  2. 右端の「お申し込み」をクリック(Gmailとパスワードを入力する画面になったらそのまま入力しましょう)
  3. サイト情報の入力画面になるので上から「ウェブサイト」をクリック
  4. アカウント名(何でもOK)
  5. ウェブサイト名(作ったサイト名か、作る予定のサイト名を入力)
  6. ウェブサイトのURL(https://にしてる場合は▼を押して切り替える。末尾に「/」はいりません。)
  7. 業種(近いもの。なければ「その他」でOK)
  8. タイムゾーン(日本在住なら「日本」でOK)
  9. 下の方に行くとチェックが付いてる欄が出てきますが、基本的にはそのままいじらずにスルーでOK
  10. 「トラッキングID」を取得をクリック
  11. 利用規約画面になるので左上の国を「日本」にし「同意する」をクリック
  12. 画面が切り替わると「トラッキングID」と言う自分のIDが取得できる
  13. 更に下に行くと「トラッキングコード」が確認できる
  14. 登録完了

オースティン君
ではここで重要なことを述べますが、最後に作った「トラッキングID」と、その下の「トラッキングコード」”画面は残したうえで”次に進みましょう。後でこのコードを使って入力する欄があるので、消さずに別のタブを開いて次の項目に進みます。

 

②トラッキングID・トラッキングコードをサイトに設置する

ここではWordPressを使った設置方法を解説します

WordPressの場合は「プラグイン」を使う方法と、「WPのテーマ」を使う方法の2種類がある

 

プラグイン(All in One SEO Pack)を使う場合

  1. ダッシュボードのプラグインから「新規追加」をクリック
  2. 右上の検索窓で「All in One SEO Pack」と入力
  3. 表示された「All in One SEO Pack」の「今すぐインストール」をクリック
  4. 「有効化」をクリック
  5. するとダッシュボード上部に「All in One SEO Pack」が追加され、その中から「一般設定」をクリック
  6. 表示された項目を下に行くと「Google設定」が出てくる
  7. 「Google設定」の中の「GoogleアナリティクスID」に先ほど取得した「トラッキングID」をコピーして貼り付ける
  8. 入力後、更に下に行くと「トラッキングからユーザーを除外」と言う項目にチェックを全て入れる
  9. 一番下まで行くと「設定を更新」があるのでクリック
  10. 設置完了

「トラッキングからユーザーを除外」にする理由は、自分のアクセスをカウントさせないことで正確なカウントをする為です

 

オースティン君
実際やってみるとそこまで難しくないよね。もちろんわかってると思うけど「トラッキングID」とは「UA-xxxxxxxxx」のことだから、間違えてそれ以外の所にIDは入力しないようにね。

 

WordPressのテーマを使う場合

All in One SEO Packを使わないでGoogle Analyticsを始める場合は、トラッキングコード(トラッキングIDではない)を「テーマの編集」に設置してあげることで利用することができます。

ただ個人的には「All in One SEO Pack」を利用して入力した方が便利で楽なので僕は勧めているので、あえてテーマを編集して入力したい人は参考にされてみてください。

  1. ダッシュボードの「外観」から「テーマの編集」をクリック
  2. 右に表示された項目から「ヘッダー(header.php)」をクリック
  3. 表示された中から「</head>」を見つける
  4. </head>の欄の上にスペースを空け、そのスペース内に先ほど取得した「トラッキングコード」を貼り付ける
  5. 「ファイルを更新」をクリック
  6. 設置完了

「All in One SEO Pack」と「テーマ」の両方にトラッキングIDやコードを入力してしまうと、2重にカウントされてしまうので正確なアクセス数がカウントできなくなります

 

オースティン君
テーマを編集してコードを入力するメリットは、余計にプラグインを取得しなくてもいいことなんだ。無駄にプラグインをインストールすると様々なトラブルになり兼ねないのでオススメしません。そういった専門知識のある方やパソコンに強い方にはオススメの方法です。

 

有料テーマなら簡単に設置できる♪

関連記事

当サイトで利用させてもらっているWordPress有料テーマの【The Thor(ザ・トール)】を使うメリットの一つに、このテーマを利用すれば超簡単にGoogle Analyticsとの連携が可能にな […]

 

Google Analyticsを活用してブログを育てていこう

 

ブログを始めてからアクセスが伸び始めると、

「どんな人が見てくれてるんだろう?」

「男性と女性はどっちが多いのかな?」

「年齢層はどれぐらいなんだろう?」

「どんなキーワードで検索してきたんだろう?」

このようなことが気になってくると思います。

 

その際に使えるのがグーグルアナリティクスであり、一度設定してしまえばずっと確認できるので、自分のサイトがどんな人に人気で、どのような理由で訪れているのかが簡単に分かるのです。

伸びているキーワードの記事数を増やしたり、逆にあまり読まれていない記事がなぜ読まれていないのかを調べるのにも役立ちます。

理由が分かれば改善するだけなので、その為にもデータは非常に重要なんですね。

 

ぜひ参考にされてみてください。読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

以前このブログで、ワードプレス初心者の方にオススメの無料テーマに関する記事を書きました。 テーマごとのメリットや特徴を分かりやすくまとめたので、よかったら読んでみてくださいね。   今回の記 […]

関連記事

前回の記事では、ワードプレスをインストールする為の準備や、基礎的な流れについて解説しました。 もしワードプレスのインストール方法が分からないという方は、下記の記事をご覧ください。   では今 […]

 

  • 【THE THOR(ザ・トール)】
    5


    ブロガーから信頼が熱く、豊富過ぎるほどの機能はもちろん、徹底的にSEO対策を施したおかげで表示速度は業界最速。実際に当サイトでも利用中の有料WordPressテーマです。

  • 【DIVER(ダイバー)】
    5

    見た目のシンプルなデザインからは想像できないほど豊富な機能が盛りだくさん。初心者でもクオリティの高いアフィリエイトサイトが作れる有料WordPressテーマです。

  • 【STORK(ストーク)】
    4


    多くの有名ブロガーが利用し、初心者の知識ゼロでも簡単におしゃれなサイトが作れる有料WordPressテーマです。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告