【悲報】日本が生き辛い&閉鎖的だと感じる理由=仕事と金が原因です

皆さんは、「若いうちに留学(海外)に行け」と言われたことはありませんか?

少し前までは、留学は若い人が行くものというイメージがありましたが、最近は年齢関係なく、留学やワーホリ・就職を目指して海外に訪れる人は年々増加しています。

 

特にここ数年の間に海外に長期滞在する日本人がどんどん増えていて、今後も更に増えることが見込まれるデータもあるほど。

でもなぜこんなにも日本人の方が海外に住むようになったのでしょうか?

 

答えは簡単、「日本がどんどん住みにくい国になっているから」です。

 

では一体僕達が知らないところで何が起きて、どんな問題があるのか?

また、その生き辛さや閉鎖感の原因とは何なのか、海外に住んでみたからこそ分かる日本の生き辛さの正体について解説していきたいと思います。

 

【結論】日本の生き辛さ=「仕事・金」が原因です

 

では日本の生き辛さの原因を簡潔に表すと、大きく分けて3つ。

  1. 稼げない
  2. 時間がない
  3. 自由がない

簡単に言うと、この3つが問題の原因の全てと言ってもいいぐらい、我々国民に多大なる影響を与えています。

 

そしてこの原因を作り出している最大の要因は『仕事と金』です。

これは海外に住んで初めて分かったことでもありますが、日本は『労働の質の割に給料が圧倒的に少ない』

 

どこの国の人よりもめちゃくちゃ真面目に長時間働いているのに、「給料が少ないうえに残業代がないと生活に余裕がない」というのは、他国ではあまり聞いたことがありません。

 

全てこの”報われないスパイラル”に巻き込まれているのが今の日本の姿であり、我々国民が抱える問題の根源です。

そこから抜け出すには自分でビジネスをやるか、海外に住むかしか選択肢がない。

 

この記事を読まれる方は今一度、日本の現状、そしてこれからの自分の生き方について、考え直すきっかけにしてもらえたらと思います。

 

稼げない→労働の質と収入の割合がおかしい

忙しい女性ビジネスマンのイラスト

日本人の年収を世界各国と比較してみると、日本は比較的高い国になります。

しかし日本の問題は収入ではなく、『もらえる金額と労働の質が割に合っていない』ことが、働き辛さや生き辛さを作り出している原因になっているのです。

 

例えば僕が過去に働いていた日本の美容室の話です。

朝6:30出勤
→7:30am/朝練
→10時am/営業開始
→14~15時pm/昼食10分
→20時pm/営業終了後夜練
→23時pm/夜練終了
→23~0時/外食or飲み会
→帰宅
→1~2時am/就寝

これは僕が以前働いていた美容室の当たり前の労働条件であり、それが世間的にも普通だったので何の違和感もなく、毎日このような生活を送っていました。

おそらく今の時代は、美容業界以外でもいわゆるブラック的な働き方をしている企業はだいぶ減ったとは思いますが、一部の会社ではまだやってるところもあると聞きます。

 

では先ほどの僕の経験談に戻りますが、この一日の流れを見て何か違和感に気づきませんか?

実はこの一日の中に、休憩時間が一切入っていないのです。

 

しかもこのお店にいる間、ほぼ一日中立って仕事や練習をしています。

更に言うと休日は週に一回ありましたが、その日は毎回講習会や勉強会、もしくはお店に行って練習をする時もありました。

そうなると完全にオフの日は、月に1回あるか無いか。

 

でもこれは美容師という職業柄仕方ないことで、サービス業だし、自分が好きで選んだ仕事だからそんな大変であっても、全て「好き」で解決できるというのが美容師の意見。

 

でも問題はここからです。

世の中の美容師さんは毎日このような生活を過ごすことになりますが、美容師の平均年収は280万程度(月収約23万円)

しかも正社員で働いておきながら社会保険は自己負担のところも多い。

 

どうでしょうか?やばくないですか?

 

自分が好きで美容師を選んだんだし、世の中「お金が全てじゃ無い!」と言う人もいますが、食っていく為にはまず仕事をしてお金を稼がないといけませんよね。

もちろん美容師として成功すれば収入の上限はないし、お客様をやればやっただけ所得も増えていく世界です。

 

ただ、「収入が多ければいいのではなく、収入に対する労働条件が悪ければ意味がない」ということ。

もっと言わせて頂くと、「日本人は自分を安く売りすぎ」なんです。

 

自分の価値は自分で決めるのが海外の常識であり、特に専門職でそれなりのキャリアがある人なら自分を安く設定する人なんていません。

 

自分にはこれだけの価値があって、私が入社すれば会社にこれだけの利益をもたらすことができる。

「だから〇〇円くれ!」ぐらいの気合いと自信を持って、自分の仕事に責任を持つことが今の日本人には足りない部分なんだと感じます。

 

日本人が海外に出稼ぎ&海外移住する人が今後確実に増えると思う理由

重い負担のイラスト(男性)

例えば30代会社員の方の平均年収は約450万円、税金などを引いて手取りとして残るのが約380万程度と言われていますが、これを時給で表して見ましょう

  • 手取り380万→月収約32万
  • 20日間の労働日数で割ると一日辺り16,000円
  • 一日8時間で割ると時給2,000円

数字だけで見るとそこまで悪くないですよね。

 

ただし、このような平均年収にはプラスで平均的な残業代込みで計算されている場合が多く、8時間労働に対する時給換算は2,000円より少なくなるのが一般的。

しかも最近の統計的にも、企業によっては年収450万も支給していないところも増えていて、ボーナスカットや残業代カットで手取りとして貰える金額は昔よりもかなり減ってるという話もあります。

 

更に追い討ちをかけるように「働き方改革」や「残業規制」などで、限られた時間内に大量の業務をこなさなければならず、余計大変になったにも関わらず給料は変わらない。

もしくは残業が減った分、所得が減った人もいることでしょう。

 

これでは努力すればするほど無駄でしかなく、頑張っても頑張っても報われないというのが今の日本。

まあ簡潔に言うと「今の日本はヤバイ」んです。

 

というより国も企業も、何をどうしていいのかが分からなくなってるから、全てが中途半端になって、急なリストラや終身雇用廃止、老後の年金払えないから2000万必要などと言い始めている。

 

普通に考えて、そんな国に住みたいと思う方が難しいと思いませんか。

若ければ若いほど動きやすいからこそ、日本以外の国に希望を持って移住を試みるのは当たり前のことだと思います。

 

安定して稼げるなら海外に行けばいいし、海外に住む為に言語習得が必要なら勉強すればいい。

そんな簡単なことを何の違和感もなくできる人、生き抜く為に手段を選ばない人なら、日本よりも海外を選ぶようになる。

 

そうなると有能な人ほど海外に移住する人が増えるのは、考えなくても分かる話ではないでしょうか。

 

無駄な年功序列制度→実力主義&プロフェッショナルが優遇される時代へ

やる気のある会社員のイラスト

まず第一に、日本の年功序列や終身雇用制度はこれからの時代に全く必要ない、過去の産物にした方がいいでしょう。

 

すでに一部の企業では、新しい仕組みへと変化しようとする動きが見られ、今までとは全く違う働き方や雇用のカタチを作る為に努力されている企業が続々と誕生しています。

・ファストリ、入社3年で年収3000万円も 幹部に登用

・くら寿司が年収1000万を出しても幹部候補生を採りたい理由

 

そうなってくると年齢を重ねるごとに収入も増えるシステムではなく、年齢関係なく実力のある人材に地位もお金も与える完全実力主義の社会が出来上がります。

ピラミッド型のトップがいるチームから、フラットでそれぞれが専門的なプロフェッショナルとして、仲間と一緒に成長する会社が今後増えていく事になるでしょう。

 

でもそれも元々は海外の働き方から得たアイディアであり、海外の企業は終身雇用や年功序列が存在しない会社が多いので、労働者も一つの企業に尽くすような概念自体も無い。

だからこそいくつになってもキャリアップの為に資格を取得したり、大学に進学する人もいて、企業も柔軟にスキルを持った実力者を採用する傾向にある。

 

それに対して、日本企業が求める労働者の条件は「協調性」「何でも屋的な存在」

ある程度社交的で会社の雰囲気に合わせることができ、言われたことはしっかりやる、更に言われないことでも自ら率先してやれるような人材が、一般的な企業が求めている人材でしょう。

 

その結果、周りに気を使いすぎて疲れるし、やるべきことやれば良いというシンプルさが無い為、無駄にやることだけがどんどん増えていく。

しかもその分の所得が上がるのであれば良いけど、所得も上がらないうえに自分の時間も労力も自由さも削られる。

 

日本の「何でも屋的な存在」のサービス精神が労働条件を悪化させ、コスパの良い人材だけを求めるようになり、結果的に平均的な年収は上がらないし、人によっては下がっている現実もあるのです。

 

先進国の中でも最低時給が上がっていない国というのは日本ぐらいしか無く、僕が住んでいたニュージーランドもオーストラリアも、たった数年で数百円も最低賃金が上昇しています。

・4月1日から最低賃金時給NZ$17.70ドルへ

・オーストラリアの最低賃金時給$18.93に

 

日本も色々な対策を練った結果、一部では良い流れが起き始めていますが、ほとんどの企業・労働者はそこに対してあまり敏感に感じていません。

 

しかしこれからは有無を言わさず、このような実力主義のプロフェッショナルが生き残りやすい時代へと進化していくのは確実です。

だからこそ今のうちに、スキルや専門的な知識を身につけて対策をしておくこと、そして時代に沿った新しい働き方を受け入れることが日本人がまず変えなければいけないことだと思います。

 

そうしないと、いつまでも労働者が報われない、働きにくい、生き辛い世の中が変わることなく、日本人を永遠に苦しめることになるでしょう。

 

日本で生き辛さを感じているなら海外に逃げよう

 

どうしても日本の生き辛さが拭えなくて、もうどうしようもないという方は海外に逃げましょう!

今の時代は日本に住まなければいけない必要性もないし、航空券も安く、滞在先もAirbnbを使えば安く長期間滞在できるので、プチ海外移住はいくらでも可能です。

 

しかも今はパソコン一つあれば個人で稼ぐ手段はたくさんあるし、完全在宅の仕事を提供してくれる企業も年々増加中です。

 

そうなれば嫌な仕事を継続する必要もないし、住む場所を固定することもない。

自由に自分のやりたいことを住みたい場所で生活することも容易になってきています。

 

だからと言って、別に一生移住するつもりじゃなくても良いと思うんです。

日本のパスポートならどこの国でも観光ビザで3ヶ月は滞在できるし、条件を満たしさえすれば1年近く海外にいることも可能。

 

しかも今の時代、そのような生活をしている日本人は世界中に散らばっているので、簡単に友達はできるし困った時に日本人を頼れば特に心配することもないでしょう。

それだけ簡単に海外に住めるようになった時代だからこそ、とにかく一刻も早くスキルを習得して、これからの時代に沿った働き方・生き方を選択することが大切なんですね。

 

もしこの記事を読んだ方の中に、ワーホリや留学でニュージーランドやオーストラリアに住んでみたいと思っている方がいれば、ぜひお問い合わせください。

では今回はこの辺で!読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告