在宅ワークは実際どれぐらい稼げる?ジャンル&難易度別に徹底解説

在宅ワークと聞いて、皆さんはどんな印象をお持ちですか?

自宅で自分のペースで、楽しながら適当に働いている。こんな印象を持つ人も少なくはないでしょう。

 

しかし実際はインターネットという競争力の激しい環境で働いていて、決して楽ではないし、安定して稼いでる人なんてほんの少数です。

かと言って在宅で仕事ができると言うのは魅力的だし、実際に稼いでる人もいて、憧れを抱いている人もたくさんいますよね。

 

そこで今回は、在宅ワークとは一体何なのか?

どんな稼ぎ方があって、どれがオススメなのか?などを含めて詳しく解説していきます。

 

在宅ワークで成果を上げるコツとは?

 

在宅ワークには大きく分けると2種類あります。

  1. インターネットを使った仕事
  2. 内職系

 

おそらく今の時代で在宅で仕事をするなら、多くの方がインターネットを使った仕事を選ぶでしょう。

ではインターネットを使った仕事とは何なのでしょうか?

  • ブログ(アフィリエイト)
  • ユーチューバー
  • 動画編集
  • Web制作
  • ライティング
  • 翻訳
  • 得意なスキルを売る
  • データ入力

このように自分のキャリアや特技を活かして、個人対個人、または個人対企業で仕事をもらい、収入に繋げることができます。

 

また、専門的なスキルや知識が必要な職業であったとしても、今の時代はオンラインで簡単に学ぶことができるので、サービスによっては数ヶ月で仕事にすることは十分可能です。

 

これらのスキルを身に付けるだけで、在宅で仕事をしながら年収何千万と稼いでいる人もいるのが、現代の面白いところ。

 

よく「在宅は稼げない」と言われる方がいますが、そのような意見を鵜呑みにしてはいけません。

そもそも個人で仕事を請け負って収入に繋げるには、時間も労力もかかるのは当たり前の話です。

 

例えば、ライティングの仕事を例に挙げてみると、通常「単価1文字=0.5円」とかなので、ブログ記事代行でやった場合に、1記事3000文字だとしても1500円の報酬ですよね。

 

一日3000文字の記事を書くと言うのは、自分が興味のあることならまだしも、興味のないことを3000文字書くのは相当きついと思います。

なのでほとんどの方が途中で脱落して諦める場合が多く、結果的に「在宅は稼げない」と言う訳です。

 

でも普通に考えて、数件の案件をやっただけでは実績を作れる訳がありません。

何度も失敗と挑戦を繰り返して初めてスキルが身につき、それをやっているうちに信頼されてくると、単価が上がって収入も伸びていく。

 

要は稼ぎたいのであれば、諦めずに根気よく続けるしかないんです。

自分が好きなことをやり続けるからこそ価値が生まれる訳で、安定したお金を稼ぐには「継続」しかないと思います。

 

ではここからは実際に在宅ワークの選び方について、「難易度+ジャンル」ごとに分けて詳しく解説していきましょう。

 

難易度高めだけど大きく稼げる在宅ワーク

 

 

オースティン君

まずは比較的難易度が高いけど、一度成功すれば大きく稼げるものを紹介していきましょう。

継続性はもちろん、ビジネス的な要素も多く含むので、誰でも稼げる訳ではないけどチャンスがあるものを厳選してみました。

 

ブログ(アフィリエイト)

ブログを書く人のイラスト(男性・メガネ)

難易度

報酬度

ブログで稼ぐとは、簡単に言えば広告収入のことを言います。

 

また広告にもいくつか種類があり、

  • 広告をクリックするともらえる報酬
  • 広告クリック後に商品を購入した場合の報酬

簡単な話、自分のサイトに広告が貼ってあれば稼ぐ可能性があると言うことです。

 

ただし、その広告まで導く文章力やマーケティング力を持ち合わせていないと、そもそも記事を読んでくれないし、広告を読む前にサイトから離脱してしまいます。

なのでブログを何年もやってるのに稼げないと言う人は、広告までの道筋ができていないとか、アクセス数自体が少ないと言う理由があるのです。

 

過去にある記事で、「250時間も必死に作業したのに58円しか稼げなかった」と言う記事がありましたが、正直この人はアフィリエイトを完全にナメています。

日刊SPA!

「インターネットで稼ぐのは当たり前の時代」といえど、勝者はほんの一握りといわれる。そこで大多数の負け組たちが、ネット副業…

 

本気で稼ぎたいなら、最低でも1日5時間以上記事を書き、年間2000~4000時間は費やす覚悟と努力が必要です。

このぐらいやったとしても稼げる保証はなく、月に数百円しか稼げないと言う方は星の数ほどいます。

 

でもブログというものは、そうやってコツコツ積み重ねて知名度を広げ、地道に継続と修正を繰り返していくしかありません。

ある意味ブログも投資的な側面があり、将来の為の資産として蓄えていく感覚が必要だと思います。

 

 

株・FX・暗号通貨投資

■

難易度

報酬度

ここで言う投資とは、場所関係なく自宅でパソコンやスマホを使って始められる、『株・FX・暗号通貨投資』になります。

 

ちなみに日本では投資に関して怪しいとか、危険というイメージを持たれる方が多いですが、海外ではお金を運用する為に誰もが一度は経験することの一つです。

決して賭け事なのではなく、しっかりチャートを読みながら買ったり売ったりする必要があり、常にアンテナを張って情報収集を怠らず、お金の管理をしなければならないので簡単ではありません。

 

しかしある一定のお金を稼いでも、お金がお金を生み出す仕組みを作らない限り、一向に増えることはないのも事実。

その為に、やはり投資をしなければならず、大金を得たいのであれば必ず通らなければならない道なのです。

 

もちろんリスクはそれなりにあるので一部の人だけに限りますが、お金に余裕のある範囲で運用する分には絶対にやって損はしません。

海外滞在中は自分の時間もしっかりあることから、空いてる時間を使って少しずつ勉強していくことをオススメします。

 

 

 

Youtube&ライブ配信

動画配信のイラスト

難易度

報酬度

Youtubeなどの動画配信もブログと仕組みがよく似ているので、積み上げ式の投資になります。

最初はたくさんの動画をコンスタントにアップし、その中で試行錯誤しながらチャンネルの方向性を決め、伸ばしやすいジャンルで勝負していくような感じです。

 

もちろんいきなり有名なユーチューバーのようにはならないので、これもコツコツ地道にファンを付けて、チャンネル自体を強化していくしか方法がありません。

またブログと大きく違うところは、可能性が無限にあることです。

 

VLOGと言って自分の普段の生活(遊び・料理・趣味等)を動画に撮って配信するだけでお金になると言うもの。

ブログよりも個の力が影響するので、見せ方やユーザーに合わせた運営をしていく必要がありますが、稼いでいる人はそれだけで月数百万円を手にしている人が実際にいます。

 

動画市場は2020年以降5Gが広まれば、一気に動画に対する障壁が無くなるので、視聴者は更に増えていくことから競争が激化しますが、その分のチャンスもたくさんあるのでやっておいて損はないでしょう。

 

 

 

フリーランス(専門職)

テレワークのイラスト(女性)

難易度

報酬度

フリーランスとは、全て自己管理の元に自由な働き方をしてお金を稼ぐ新しい仕事の形です。

 

フリーランスと言っても色々なジャンルがあり、

  • プログラマー
  • デザイン
  • イラストレーター
  • 動画編集

主にこのような業務を、企業から仕事をもらって働いている人達のことを言います。

 

フリーランスは自由な働き方で楽そうに見えるかもしれないですが、基本的に全てが自己責任なので、仕事がもらえなかったり、失敗してしまったとしても全て自分が悪いということになる。

自由な働き方とは言え事業主な訳ですから、風邪をひいただけで収入は下がるし、仕事を提供してくれる企業にも迷惑をかけてしまう。

 

またどれだけ優秀なスキルや知識を持っていても、それを広げるマーケティング力も非常に重要なので、営業のスキルが一番大切と言っても過言ではありません。

しかし逆に自由だからこそ、自分で働くペースも収入もコントロールできる訳ですから、働けば働くほど収入はどんどん増えていく。

 

人によっては会社員時代の倍以上稼いでる人もいて、うまく花を開かせれば時間もお金も手に入る理想的な働き方だと言えるでしょう。

とにかく自己管理が得意とか、チームよりも個で動きたい人にはオススメの仕事ですね♪

 

また、今はまだ専門的なスキルを持っていないけど、プログラミングなどを勉強したいと言う方には、ネットを使って自由に一から学べるというのも魅力の一つになります。

 

 

 

難易度低くてお小遣い程度なら稼げる在宅ワーク

 

オースティン君

次に説明するのは、比較的難易度が低くて誰でも始めやすいけど、その分の収入も低く設定してある在宅ワークを紹介したいと思います。

スキルが無くても収入を得る方法はいくつかあるので、お小遣い程度でもいいから稼ぎたいと言う方にオススメの職業を説明していきましょう。

 

個人のスキルで稼ぐ(クラウドソーシング)

カフェで仕事・勉強をしている男性のイラスト

難易度

報酬度

個人のスキルで稼ぐ(クラウドソーシング)とは、仕事などを通して培ってきたスキルや経験値を活かして、個人対企業で仕事を請け負うサービスになります。

いわゆるフリーランスと同じ部類の働き方ですが、専門的なスキルが無くても仕事が得られる分、単価が低いのがデメリットです。

 

主な業務は下記の通り。

  • ライティング
  • データ入力
  • 軽作業
  • イラスト
  • 翻訳
  • 相談
  • 動画編集
  • Web制作

 

例えば一般的に会社の従業員に行ってもらうデータ入力や、文字を打ち込む作業をクラウドソーシングを通して、会社以外の人にお願いするのがこの形です。

仕事を受注した方も、会社に出勤する必要もないし、自分のペースで期日内に終わらせれば報酬が入ってくる。

 

ただしライティングなどのスキルに関しては、一文字0.3~0.7円とかなので、最初の頃は頑張っても月に数万円稼ぐのが限界かもしれません。

もちろん実績を積んでいけば高い単価の仕事を請け負うこともでき、月に20~30万円を稼ぐライターさんなども実際にいます。

 

ほとんどの業務が低単価に設定してあるので、月数万~10万円ぐらい稼げれば良い方でしょう。

どちらかと言うと「本業+副業」としてだったり、主婦の方がお小遣い稼ぎに始める人が多い印象ですね。

 

セイラちゃん

クラウドソーシングに向いている人は、

・時間の確保がしやすい主婦
・アルバイトなどで生計を立てている人
・多少の経験やスキルを習得している人
・交渉時に自分をしっかりアピールできる人

などが向いていると言えます。

また副業感覚とは言え、立派な仕事の一つです。仕事を請け負う以上はその分野のプロとして責任を持って取り組むようにしましょう。

 

 

 

ポイントサイト(アンケート)

ポイントに喜ぶ人のイラスト(男性)

難易度

報酬度

ポイントサイトとは、アンケートに答えたりゲームをすることでポイントを貯めていくお小遣い稼ぎサイトです。

 

このサービスに関しては正直稼ぐことはできません。

時給で換算すると100円いけばいい方で、本当にコツコツやって毎月数千円程度のお小遣いしかもらえない人がほとんど。

 

中にはクレジットカードや証券口座を開設することで、一時的に高い報酬をもらうことができますが、いくつも作ることができないようになっているので、短期でお金が欲しい人にオススメのサービスになります。

CMで話題の小遣い稼ぎポイントサイト


無料☆楽しく貯まる小さな贅沢《ハピタス》

 

まとめ

 

今回は在宅ワークについて解説しましたがいかがだったでしょうか?

今は色々なツールがあって、正直どれを選んだらいいのか分かりませんよね。

 

もし自分に何が合ってるのか知りたい方は、「気になったらとにかくまずやってみる」ことをお勧めします。

ネットの業界は移り変わりが激しく、現在稼いでいる人でもその仕事がいつまであるか分かりません。

 

その時その時で対応していくしか方法がないので、興味があるならとりあえずやってみて、継続できるかを判断していくことが大切だと思います。

向き不向きを含めて、自分に合った仕事や働き方を見つけるようにしましょうね。

 

今回は以上になります。読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

ワーホリや留学を使って海外に住む場合、滞在費や学費などを含めるとたくさんの資金が必要になります。 しかし今続けている本業だけでは、なかなかお金が貯まらないという方が意外に多いのではないでしょうか。 & […]

関連記事

ワーホリや留学を含め、中長期に渡って海外に住まれる方は、現地に着いてどのような仕事をする予定ですか? 実は今の時代、ネット環境さえあればどこでもお金稼ぎができるようになりました。   日本で […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告