現在、留学やワーホリなどで海外に滞在している方、帰国後の住まいは決まっていますか?

 

帰国しても実家に滞在できる方ならいいですが、地元から離れる予定や一人暮らしを始める場合、自分で住まいを探さなければならないですよね。

しかし海外滞在中に賃貸に申し込むことはほぼ不可能で、安定した収入が入る仕事が決まった人じゃないと家を貸すことができません。

 

しかしシェアハウスに住む場合は、余計な手続きも多額の費用も一切かからないことは知っていましたか。

特に海外に住んだ経験がある方はシェアに関して抵抗がないですし、日本のシェアハウスの充実さに驚かされるので、まだ住まいが決まっていない方にぜひ参考にして頂ければと思います。

 

海外から帰国後に賃貸を探す際の注意点とは?

 

賃貸契約の前に仕事が決まっていないと家が借りれない!?

日本で賃貸を探す一番の問題点とは、

日本での仕事が先に決まってないと家を借りれない問題です。

 

よくよく考えれば当たり前の話なのですが、海外から帰国した人という理由はあったとしても、信頼できない人に大家さんの家を貸したくないですよね。

貸す側からすれば、とにかく毎月安定した収入があって、ちゃんと支払える人じゃないと貸そうとすら思いません。

 

なので、できれば帰国前に日本で働ける場所を決めておき、帰国後すぐに面接を受けて合格した後に賃貸契約を結ぶようにしましょう。

日本はとにかく何事にも証明を求める国であり、自分が信頼できる人間であることを証明できないと信用してくれません。

 

海外に滞在していた期間が長い人ほど、この日本の常識を忘れがちなので注意してくださいね。

 

Austin
仕事に関してはできれば正社員が望ましいですが、最近はバイトや派遣などでもOKを出されることが多く、とにかく毎月安定した収入が入ってくるという証明があれば大丈夫です。

 

帰国者にオススメの転職サイト

海外での経験値や英語力を活かしてリゾートバイト【ハッシャダイリゾート(10~20代向き)】

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop(正社員をお探しの方)】

自由な働き方や在宅業務などをお探しの方にオススメ!【ママワークス(20~30代向き)】

 

 礼金・敷金・引越し代・家具代など初期にお金がかかる

次に挙げられる賃貸契約の注意点は、

『賃貸契約をするのに多額のお金を用意する必要がある』です。

 

賃貸に住むということは新しい生活を始めるということなので、生活に必要な物だけでなく、契約に必要な敷金・礼金、引越し代など総額でかなりの金額がかかります。

少なく見積もっても50万円ぐらいは必要だし、そのお金を貧乏ワーホリ・留学組が準備しておくのはなかなか難しい。

 

ちなみに僕達の場合は、オーストラリアのワーホリで計画的にお金を貯めることができたので、ワーホリでお金を貯めたい方は参考にされてみてくださいね。

関連記事

皆さんがワーホリに行くかを決める際に、 「海外で仕事していくらぐらい稼げるんだろう?」 「どこの国が稼げるのか知りたい」 こういったことを一度でも考えたことがあるのではないでしょうか。   […]

 

セイラちゃん

このように、日本に帰国して新しい生活を始めるというのは、色々な制約やお金が必要になってくるので、最初のうちはとにかく大変。

なのでお金や手間を極力抑えたいという方にこそオススメなのが「シェアハウス」なんです。

今はまだ都市部に集中していますが、会社によっては全国展開しているところもあるし、海外のシェアハウスとは比べようもないほど、かなり質の高い環境になっています。

詳しい内容は下記で説明していきましょう!

 

海外vs日本のシェアハウスは何が違うの?

日本人の留学生やワーホリの方達は、シェアハウスやバックパッカーに住んで生活をしていると思うのですが、外国人の住まいは思っている以上に環境が悪いところが多いですよね。

 

僕達が最初に住んでいたバッパーは、部屋の汚さと匂いが衝撃的で、海外生活のリアルを思い知らされました。

ちなみに僕達が住んでたバッパーはこれ↓↓

ヤバイでしょ。

汚いし、臭いし、何年もこの部屋を住まいにしているやたら親切なインド人と一緒だし。

更にある日寝てたら、ベッドの結合部が折れて床に落ちたんです笑

 

でもこんなこと海外ではよくある話だし、これを笑い飛ばせるぐらいの気概がないと本当にやっていけません。。

では日本のシェアハウスと何が違うのか、言葉で説明するよりも、写真で比較した方がいいと思うのでまずは見てください。

参考写真:シェアハウスドーミー舞浜

僕はこの写真を見た時に衝撃を受けました。

普通に住める、この家!!

 

海外のバッパーやシェアハウスは、自分専用の個室があるところとないところがあり、人によってはリビングを仕切って部屋として使っている人もいたり、狭い個室に5~6人で住んでるのなんてごく普通の話。

プライバシーも安全性もほとんどありませんよ、本当に。

 

でもここは日本。全室個室で自分の部屋もあるし、生活必需品は全部揃っていて、トイレやキッチン、お風呂が共同なだけで、住む環境としては申し分なし。

では次に、先ほどの「シェアハウスドーミー舞浜」の部屋以外の環境をお見せしましょう。

ここはコワーキングスペースみたいなところで、仕事をしている方、色々な人とコミュニケーションが取れるようなおしゃれな環境になっています。

キッチンも綺麗に完備され、広いし、電化製品も色々揃っていてみんなが使う時間帯でも安心して使えそう。

とにかくめちゃくちゃオシャレですよね。

 

そしてこのシェアハウスの最大の魅力と言えばこれ。

健康センター並のお風呂が完備されていること。こんな環境は海外で見た事がありません。

 

ここまで快適な環境が揃っていて、「じゃあ一体いくらなの?」と思いますよね。

実は、月額39000円〜最高52000円!!

 

ヤバイでしょ。海外留学組からすれば羨ましくて誰もが住みたいと思ってしまうシェアハウスです。

家賃だけで見たら「ちょっと高いな。。」と感じるかもしれないですが、忘れてはいけません。普通に賃貸ならこれにプラス家具代がかかるんですからね!!

 

そして先ほども言ったように賃貸契約をしようとすると、仕事先の証明や様々な手続きがあり、住むまでに手間もお金もかかります。

でもシェアハウスならネットで申し込み、お金を払えば即入居。

 

簡単じゃないですか。ヤバくないですか。住まない理由の方がないと思いますが、いかがでしょうか。

 

シェアハウスに住むメリット・デメリット

 

シェアハウスのメリット

まずはシェアハウスに住むメリットをまとめてみました。

  • 初期費用と家賃を抑えられる
  • 一人暮らしの寂しさを軽減できる
  • 深い人間関係が構築できる
  • 外国人と繋がりを持てる
  • 短期滞在ができる

 

やはり一番のメリットと言えば、賃貸に住むよりもコストを大幅に抑えられる事ですよね。

敷金・礼金はもちろん、生活に必要な家電や食器など最低限のお金は絶対に必要なので、初期投資にお金をかけなくて良いというだけでもかなりお得感があります。

 

後は色々な人と一緒に住むわけですから、コミュニケーションをとる機会が多いこともメリットの一つです。

シェアハウスは人の入れ替わりが早いので、深く関わるというのは難しいかもしれないですが、繋がりを作るきっかけとしてはとても良い環境だと思います。

 

特に海外から帰ってきた留学・ワーホリ組の人達は、経験を活かす為にも、シェアハウスに住んで外国人との交流を絶やさないようにした方が良いです。

日本に仕事で訪れてきている人や、留学などの中期滞在の外国人が住んでる家も多く、外国人との交流の場としてシェアハウスを活用するのは超オススメ。

 

シェアハウスのデメリット

  • 基本的に自分の部屋以外は共有スペース
  • 一人の時間が取れない
  • 好きなタイミングで使えない時がある
  • 相性の悪い人がいると地獄
  • 盗難などの被害に遭う可能性も

 

やはりシェアハウスに住むデメリットと言えば、共有スペースに制限があること、人間関係のトラブル、そして安全性の問題です。

色々な人と一緒に住んで楽しいこともありますが、世の中ちゃんとした人ばかりではありません。

 

例えば、自分が料理や選択をしたいと思った時に既に誰かに使われている場合は、待たなければいけないですよね。

でも人によって自分のペースがあるので、なかなか食器を片付けてくれないとか、洗濯が終わってるのにずっと放置されてるなど。

自由に使いたい時に使えないストレスが積もっていくと、後にトラブルの原因になる可能性もあります。

 

また人の入れ替わりが激しいからこその注意点として、盗難などの被害に遭わない為にも自己管理を怠らないようにしましょう。

僕が海外に滞在していた時に住んでいたバックパッカーでは、日常的に盗難や盗撮などの被害に遭う人もいて、自分の身は自分で守ることを心がけるようにしてください。

 

シェアハウス検索サイト&探し方を解説

Netflixで話題になった「テラスハウス」の影響か、都心部を中心にシェアハウスが徐々に浸透し始めています。

正直、シェアに抵抗がなければ誰でも住めるし、日本のシェアハウスはちゃんと個室を完備されていて、プライベートと共有スペースを分けて作られているので、かなり快適な住まいになっています。

 

ではどうやってシェアハウスを探すかと言うと、インターネットを使って直接問い合わせるのが一番オススメです。

今は地域ごとにシェアハウス検索サイトがたくさんあるので、希望の地域と予算を入力し、アポをとって内見、気に入ったらその場で契約といった流れで超簡単に手続きを済ませることができます。

 

では当サイトがオススメするシェアハウス検索サイトを紹介しましょう。

 

OAKHOUSE/オークハウス


【オークハウス】は全国主要都市を中心とした、年間1000室以上も追加している今最も注目のシェアハウス専門検索サイトです。

 

オークハウスの特徴

  • 生活に必要な家具家電が全て完備
  • 家賃がかなり抑えられる(割引制度有り)
  • 最低契約期間がたったの1ヶ月
  • 敷金・礼金・仲介手数料が無料
  • 連帯保証人・保証会社が不要
  • 電気・ガス・電気・ネットの契約不要
  • 日本一の女性専用物件数
  • イベント盛りだくさんで交流が多くて飽きない
  • 20~30代を中心に幅広い世代が暮らしている
  • 外国人も多く利用している

 

オースティン君

【オークハウス】の面白いところは、入会と同時に保証金を預け入れることで、金額に応じて毎月の家賃から割引きを受けられることです。

会員種別に分かれていて、会員1の方は保証金10万円を預けて毎月650円の割引。

最上級の会員40の方は、保証金400万円預けて毎月26,000円も割り引いた値段で住むことができるのです。

保証金と聞くと最初から預けないといけないと思われますが、実は毎月の貯金として少しずつ貯めて行くことができるので、長期間【オークハウス】を利用してシェアハウスに滞在すれば、自動的に会員ランクも上がってお得に住めると言うこと。

もちろんサービス面だけじゃなく、お部屋のクオリティの高さや女性が住みやすい作りにも定評があるので、安くて質の高いシェアをお探しなら超オススメのサイトです。

 


 

TOKYO DIVE/トーキョーダイブ



【TokyoDive(トーキョーダイブ)】は、東京で働きたい方に仕事と住まいを同時に提供するサービスです。

サポートの内容としては、

  • 丁寧なカウンセリングであなたの「やりたい!」を発掘
  • 確実に就職させる為の履歴書添削
  • 面接突破の裏技や練習の機会を与える極秘面接対策
  • 今後のキャリアや進路なども含めた相談・アドバイス
  • 短期間の上京(90日間)のお試しも可能

正社員・職業派遣・紹介予定派遣と雇用形態も様々で、一般事務やサービス全般、専門職など多岐に渡る職業に対応。

 

更に【TokyoDive(トーキョーダイブ)】最大の魅力は、お仕事を紹介するだけなく、住まい探しまでも一緒にサポートしてくれるところです。

  • ワンルーム賃貸
  • レオパレス21
  • シェアハウス

この中でも初期費用を抑えたい方にはシェアハウスが最もコスパが良く、

◆敷金・礼金・仲介手数料0円
◆家具・家電付き
◆家賃補助

通常かかる上京費用の約3分の1(30~50万程度)抑えることも可能なんです。

 

なぜTokyo Diveがオススメなの?
「希望の働き方や仕事先+職場があるエリアに近い物件」を紹介することで、企業と個人両者共に満足できる丁寧なサポートを実現していること。

 

サポートの流れ

  1. 無料相談
  2. お仕事紹介
  3. 履歴書・面接対策
  4. 仕事決定
  5. お住まい紹介
  6. 住まい決定
  7. 生活が始まる

内定後の悩み相談やTokyoダイブ利用者が集まって交流を深めるイベントも無料開催

 

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告