日本にはたくさんの種類のSIMカードがありますが、正直ありすぎてどれが良いのかよく分からないと言う方がほとんどだと思います。

特に海外から帰国される方にとっては、しばらく日本にいない間にかなり進化しているので、可能であれば誰かに一番良いものを選んでほしいぐらいですよね。

 

そこで今回は、そんな留学やワーホリから帰国する際のSIMカードの選び方について、お得な選び方を解説させて頂きたいと思います。

 

一時帰国にSIMカードは必要・必要ないの判断基準

 

 

オースティン君
まずは、そもそも一時帰国の際にSIMカードが本当に必要なのか?そしてSIMを使った方が良い人と損する人など、よりお得に使うにはどうすべきなのかを簡単に解説していきましょう。

 

①SIMカードが必要な人・必要ない人

まずSIMカードが必要かどうかの判断基準は、日本滞在中の外出する頻度や予定がどれぐらいあるのかで決まります。

  • とにかく実家でゆっくりしたい
  • 友達との食事や飲み会
  • 特に出かける予定が無い

このような方は外出する頻度が少ないので、日本でわざわざSIMカードを購入する必要性が無いです。

家にWiFiが設置してあったり、フリーWiFiがあるお店などを選んで集まれば、困ることはほとんど無いと思います。

 

逆に買い物や旅行など外出する頻度が多い方は、SIMカードを購入しておいた方が全てにおいて便利です。

【買い物】
→場所や気になるお店を調べるのにネットが必要

【友達と旅行に行く】
→泊まる宿やその周辺観光地の情報を得るのにネットが必要

【友達と飲みに行く】
→待ち合わせの時間や連絡手段に必要

このようにネット環境が整っていることで、外出中の情報収集や友人との連絡手段に必要=SIMカードを用意しておくことをオススメします。

 

②外出中でも無料Wi-Fiだけでやり過ごせる?

正直、日本において無料WiFiを期待するのはほぼ無理です。

確かに一部の店舗にはWi-Fiが設置してありますが、メリットよりもデメリットの方が大きいと思います。

・利用者が多くて通信速度が激遅
・会員じゃないと使えない
・物を購入しないと使えない

・キャリア専用のWi-Fiであるところが多い
・セキュリティ的な安全面に問題がある

海外は比較的色々な店舗でFree WiFiが利用できますが、海外もセキュリティの面から考えてもあまりオススメはできません。

 

なので家のWiFiとか個人用のポケットWiFiは安心して利用して頂き、それ以外の一般的に解放されているWiFiに関しては使わないようにしましょう。

ということで必然的に外出をする頻度が多い、または外でインターネットを使う機会があるのであれば、SIMカードを利用した方が全てにおいて安心です。

関連記事

このブログではワーホリや留学の一時帰国者向けに、お得なスマホの使い方を解説しています。 まだ確認されていない方は下記を参考にされてみてください。   今回は一時帰国の際に使えるポケットWi- […]

 

オースティン君

SIMカードを購入すると多少のコストがかかるとは言え、利便性や安全面で考えるとSIMを保有しておいた方が余計な心配が必要ないし、何かと便利だと思います。

日本滞在中に一切外に出ない方なら必要ないかもしれないですが、利便性を考えるなら持っておいて損はしません!

 

SIMカードを購入する前に必ず確認してほしいこと

 

まずSIMカードを購入する前に、下記の項目を必ず確認してください。

  • SIMカードのサイズを確認
  • SIMカード返却の有無
  • 使っているスマホがSIM Free

 

まずはSIMカードのサイズを確認しましょう。

引用:格安スマホ解体新書

SIMカードは基本的に2種類あり、「nano SIM」「micro SIM」のどっちなのかを自分の端末で確認してから申し込む必要があります。

 

次に、利用した後のSIMカード返却の有無を確認しましょう。

通信業者によっては、返却しないと数千円の手数料支払いを命じられることがあり、知っていないとトラブルの元になり兼ねないので、申し込み前に注意事項を必ず読むようにしてください。

BIGLOBEモバイル
U-mobile

※プランによりますのでご注意ください

 

最後に、現在使っている端末がSIM Freeのスマホかどうかを確認してください。

そもそもSIM Freeに対応しているものでないと、SIMロック解除もしくは解除自体ができないものもあるので、申し込み前に必ず端末の情報を調べておきましょう。

もしSIM Freeスマホをお持ちでない方は、下記の最新スマホがオススメです。

 

SIMカードの正しい選び方

 

①SIMカードの種類を確認しよう

SIMカードを大きく分けると2種類あり、

  • プリペイド型
  • 格安SIM

どちらもメリット・デメリットがあるので、滞在期間や目的に合わせて使い分ける必要があります。

【プリペイド型の特徴】

・料金事前払い
・開通手続きが簡単
・使い切り,期限切れで自動解約
・途中でリチャージできる
・全国のコンビニでリチャージ可
・データ専用で通話ができない
・格安SIMに比べて割高

 

【格安SIMの特徴】

・料金後払い
・申し込みが必要(簡単)
・目的に合わせたプランが豊富
・通話ができる(電話番号入手)
・プリペイドよりもかなり割安
・解約手続きが必要

 

②データ利用のみ、もしくは通話利用の有無

ご自身がSIMカードを利用するに当たって、データのみ(ネット環境)で十分なのか、もしくは連絡手段として電話番号が必要かどうかを判断する必要があります。

最近はLINEがあればメールも通話もできることからデータのみで十分だと思いますが、人によっては仕事やスマホを持っていない人(場所)に連絡する場合もあると思うので、そういった方は「データ+通話可能なSIM」を選んだ方がいいでしょう。

 

③滞在期間に合わせたデータ容量

【以前の記事】でこのことに関して詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてもらいたいのですが、ポイントとしては目的や滞在期間で大きく異なります。

数日のみなのか、1週間、数週間、1ヶ月以上で選び方もお得さも全く違うものになるので、ご自身の利用環境に合わせて選ぶようにしてください。

データ容量に関しての目安としては、メールやLINEでの連絡、SNSやGoogleで調べ物をする程度なら「1週間1GB程度」で十分です。

あくまでWi-Fi環境(家や店舗)も活用した場合の話なので、動画を見過ぎたりしない限り、普通に使う程度なら全然問題ないでしょう。

関連記事

海外在住の方が日本へ帰国する際に気になること、それが「日本滞在中のスマホ事情」ですよね。   僕も海外滞在中に何度か一時帰国した経験があるのですが、その時は毎回ポケットWi-Fiを利用してい […]

 

まとめ

 

では最後に、一時帰国の際のSIMカードの選び方についてまとめます。

一時帰国にSIMカードの必要?
→日本滞在中の外出頻度による

SIM購入前の注意点とは?
→SIMの種類&端末をよく確認すること

SIMカードの選び方とは?
→滞在期間や利用頻度に合わせたSIMを選ぶこと

 

せっかくの一時帰国を有意義な時間にする為には、まずネット環境を整える必要があります。

その際にSIMカードがあった方が便利だし、使い方を間違えなければ決して損することはありません。

 

なのでぜひ今回の記事を参考にして頂いて、ご自身の利用環境に合ったSIMカード選び、充実した日本滞在にしてもらえたらと思います。

では今回は以上です。読んで頂きありがとうございました。

 

コチラの記事もオススメ!

関連記事

ワーホリや留学から帰国する予定がある方は、帰国後のスマホ契約をどうするか決まっていますか?   ちなみに僕は帰国してすぐから【LINEモバイル】を利用していますが、海外のSIMと比べてかなり […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告