【10~40代の世代別】海外移住を成功させるオススメの最強プラン

僕は26歳の頃に海外で美容師をやることを決め、ニュージーランドとオーストラリアに移住した経験があります。

当時の僕は何も知らない、何も経験値のないまま移住したので最初はすごく苦労しました。

 

でも今だからこそ言えるのは、この決断が自分の人生を大きく変えるきっかけになったということ。

 

そしてその経験を通して、自分が目指すべき生き方に”気づき”を与えてくれました。

今回はそんな僕の経験談を交えながら、海外移住のメリット・デメリット、そして実現するまでの具体的なプランを紹介したいと思います。

 

【目的別メリット・デメリット】海外で働く3つのプラン

 

 

オースティン君
そもそも海外で働くにはどんな方法があるのでしょうか?そして実際に働いたらどんなメリット・デメリットがあるのか、目的別に分けながら解説していきましょう。

 

海外で働く3つのプラン

①海外転勤(駐在)

②現地の会社や日系企業に就職

③現地で起業orフリーランスとして働く

 

大きく分けるとこの3つの方法があり、日本人の多くが①の日本の会社に雇われていて、転勤や海外事業などの理由により海外に派遣されて働くパターンですね。

ではそれぞれのメリット・デメリットを簡単に解説しましょう。

 

①海外転勤(駐在)

【メリット】

  • 日本で働いてた時よりも高い給料が支給される
  • 仕事とプライベートが充実する
  • 安定した生活ができる
  • 会社から住居や家族へのサポートがある

【デメリット】

  • 滞在期間の目安が分からない
  • 急な転勤がある
  • 会社によっては様々な国に移住させられる
  • 家族と離れ離れで生活することもある
  • 日系企業なので職場環境は日本文化そのもの

 

②現地の会社や日系企業に就職

【メリット】

  • ワーキングホリデーや留学などを通して現地就職する
  • 好きな企業や働きたい企業で働ける
  • 自分のペースで就職するタイミングを決めれる

【デメリット】

  • 現地で直接問い合わせる必要がある
  • 確実に働ける保証がない
  • 全ての手続きを自分一人で行う
  • 現地で活躍できるだけの語学力が求められる

 

③現地で起業orフリーランスとして働く

【メリット】

  • 日本での経験をそのまま活かせる
  • スキルがあればビザも仕事も比較的簡単に得れる
  • 日本よりも収入が安定する
  • プログラミングなどの特殊な技術を持っていると高所得は確実
  • フリーランスとして自由な働き方が可能

【デメリット】

  • 基礎となる専門知識や技術がある人に限る話
  • 一般的な会社員としての経験値だけでは難しい
  • 語学が堪能なのは必須
  • 全て自己責任の元に行動する

 

自分にはどのプランが最適?

安定を求めるなら…
①海外転勤(駐在)

新たな開拓をしたいなら…
②現地の会社や日系企業に就職

専門的な何かを身につけているなら…
③現地で起業orフリーランスとして働く

 

オースティン君
とにかく自分に合った方法(スキルや経験値)を、ちゃんと理解したうえで海外に渡航することが何よりも重要だよ。無闇に海外に行ったところで、途中でうまくいかなくて帰国する日本人の方もたくさんいるから、自分の目的や現状の実力などと照らし合わせながら選ぶようにしよう!

 

関連記事

「自分の職種って海外で需要あるのかな。。」 「海外で働くのってなんだか難しそう。。」 「英語が喋れないけど大丈夫かな。。」   実際に海外に移住目的で来られる方には専門職の方が多いですが、必 […]

 

【年代別】10〜40代の方が海外移住を成功させる最強プラン

 

 

【10代】専門分野を現地の学校で学ぶ→現地就職がベスト

留学したての女性のイラスト

10代の方にオススメのプランは、まずはお金を貯めるか親から借りて留学しましょう。

そして現地の学校で専門スキルを身につけ、現地就職するのが最も確実で失敗が少ないプランです。

 

なぜ10代に留学を進めるかと言うと、10代の頃は自分のことも社会のこともまだよく分からない時期ですよね。

堅苦しい日本で大人になってからの変な習慣が染み付く前に、海外で通用するようなスキルや知識を現地で直接学んだ方が確実に将来に活かせます。

 

実際に僕の友達でも海外の専門学校を出て現地企業に就職し、日本よりも働きやすい環境で高いお給料を稼ぎながら充実した生活を送っている人がたくさんいます。

またスキルだけじゃなく語学習得に関しても、若い時から海外に出て日々の生活の中で英語も勉強していくことで、年齢を重ねた人よりも圧倒的に習得のスピード感が早いです。

 

「いつか海外に住んでみたい」「海外で外国人と働きたい」と思っている若い人は、なるべく若いうちに行動して、早い段階でスキルや語学を習得しておくことをオススメします。

 

 

【20代】最低限の英語・専門スキルを身につけてからのワーホリが最強!

髪を切る美容師のイラスト(女性)

20代の方は、日本にいる間に最低限の英語と専門スキルを身につけてから、ワーホリで渡航するのがオススメです。

もちろん20代でも上記で挙げたような留学という方法でもいいですが、20代ならではの社会経験を活かして海外に渡航した方が目的がある程度絞られるので、将来設計に繋げやすいという理由があります。

 

僕自身も26歳の時にワーホリで渡航して、ある程度の社会経験と美容師のスキルを持ってたので良かったのですが、もしアシスタントレベルだったら現地企業で働くことは難しかったと思います。

 

そして、やはりそこで問題になってくるのが語学力に関してです。

海外では実力主義の傾向が強く、即活躍してくれそうな人材や、ちゃんとコミュニケーションが取れる方を優先します。

 

もし実績や社会人経験があっても、会話もままならない場合はほぼ間違いなく雇ってくれないでしょう。

なので日本で仕事をしながらでも、最低限の英語力を習得しておくことをオススメします。

関連記事

僕は約3年半ほどワーホリを使って海外に住んでいた経験があり、その間は現地のローカル企業でずっと働いていました。   これを聞いてもあまりピンと来ない人もいるとは思いますが、いわゆる一般的な日 […]

関連記事

最近はオンライン英会話スクールやアプリなどがどんどん開発されていますが、その中でも一部のユーザーから高評価を受けている【スタディサプリ ENGLISH】を知っていますか?   メディアなどを […]

 

では具体的なプランを説明していきましょう。

例えば大学を卒業するのが22歳だとして、その後3年間社会人として働き、25歳で海外に行くことを目標にします。

 

そこで重要になってくるのがこの3年間で何を学び、海外でどう活かすのかを考えることです。

 

では海外で活躍できるオススメの職業を下記にまとめておきました。

  • エンジニア(プログラマー)
  • 水道関連の職業
  • ガス関連の職業
  • 電気関連の職業
  • 住宅・建築関係の職業
  • 医療関係の職業
  • 調理師
  • 美容師

これらの専門スキルを持っている人であれば、海外のどこに住んでも仕事を得やすいでしょう。

関連記事

「自分の職種って海外で需要あるのかな。。」 「海外で働くのってなんだか難しそう。。」 「英語が喋れないけど大丈夫かな。。」   実際に海外に移住目的で来られる方には専門職の方が多いですが、必 […]

 

またスキルを習得すると同時に英語学習にも力を入れて、基礎的な英会話から専門職ならではの専門用語まで習得しておくと、現地で就職する際に有利になるのでオススメです。

 

【30~40代】現地採用や海外勤務を希望して転職しよう

国際的な女性のイラスト

一般的に30~40代の海外移住は難しいと言われていますが、それはあくまでスキル(資格)が無い、もしくは一般的な仕事しかやってこなかった人の場合です。

専門職で何かしらのスキル(国家資格)を持っている人、または会社員でもマネージメントの経験があり、更に英語力もあるならかなりの確率で高所得の職に就くことができます。

 

しかも30~40代と言えば社会人として成熟した立派な大人の方ですから、真面目な日本人でコミュニケーションに問題が無ければ現地で重宝されるのは間違いないでしょう。

また海外では実力がある人ほどお給料にそのまま反映するので、キャリアアップを考えるなら日本よりも安定した所得が保証されます。

 

ただし年齢とかよりも実力を問われる立場なので、それなりに結果を残せる有能な人材でないといけません。

でもそれは日本で転職をする場合でも同じことですよね。

 

あくまでその人材にどんなスキルがあって、入社することで会社にどんなメリットがあるのか?を最も重視されることから、それなりに自信があって挑戦することに抵抗が無い人にはぜひ海外転職をオススメします。

 

 

まとめ

 

今回は、20~40代の方が海外移住する為の方法を説明しましたがいかがだったでしょうか。

この中でも一番オススメの方法は、10~20代前半のうちに海外に留学して「語学+専門スキル」を習得し、卒業後に現地企業に就職するのが最も安定して海外移住ができる方法になります。

 

若いうちの方が取得できるビザの種類も多いし、企業側にとっても現地の学校を卒業した経歴がある者に対しては信頼性が全く違います。

しかも学校にある程度の期間通ってきているという時点で、語学力があると認めてもらえることから、相手側に余計な心配をさせなくて済むんですね。

 

もちろん30代以降の方でも無理ではないですが、その分の実力を何よりも求められるので、正直ハードルの高さを感じてしまう実情もあると思います。

しかし僕が知ってる方でも、40代以降の家族連れで海外移住を成功させた例もあるので、興味がある方は自分のスキルや経歴が海外で活かせるのかを専門業者に問い合わせてみるといいかもしれません。

 

ちなみに当社は、留学やワーホリで行かれる方をメインで対応させて頂いておりますが、それ以外の目的の方が相談したい場合にもできる限りのサポートはしてあげたいと思っていますので、ぜひご連絡頂けたらと思います。

 

では今回の記事は以上になります。

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告