現在ワーホリや留学などで海外に住まれている方、帰国後の仕事探しや具体的なプランを考えていますか?

 

実は帰国前にしっかりとした目標や、やりたいことを決めたうえで帰らないと、厳しい現実が待ち受けていることに。。

将来の為に今何をしなければならないのか、自分の本当にやりたいことが何なのかを再度確認して頂く為に、就職で失敗しないコツや気をつけて欲しいことを解説したいと思います。

 

”海外に住んだ経験”だけでは日本で通用しない

よく巷で言われていることの一つに、「ワーホリや留学経験があっても日本では大して意味がない」という意見がありますが、これは事実です。

実際に僕の周りの人にも海外に住んでた経験を将来に活かせず、一般的な仕事やバイトなどで生活している人はたくさんいます。

 

もちろん、海外経験がきっかけで新しい仕事に挑戦したり、英語や学んだスキルを使って活躍している人も確かにいます。

では何がその違いを分けるのか?というと、理由はたった1つだけなんです。

 

”海外滞在中に何を得たのか?”

ただこれだけです。でもこの差はかなり大きいんですね。

要は「海外滞在中に何をしてきたか?」よりも、「海外で何を得たのか?」が最も重要だということ。

 

例えば、

  • 飲食店で働いた ⇒ 英語を使ってオーダーが取れる
  • ファームで仕事した ⇒ 農業の知識を得ることができた
  • 留学で資格を取得 ⇒日本でも使える資格を取得

このように海外の経験や知識があっても、将来的に活かせるものじゃないと全く意味がありません。

 

ただ経験するだけだったら誰でもできるし、その経験の中で自分のウリになるスキルを身につける方が何十倍も大切。

かなり現実的な話なのですが、雇う側としてはその人が海外で何をしてきたのか分からないし、海外だからこその専門的なスキルを得たと言う方がその人の価値になるということです。

 

”英語が喋れる”だけの日本人の勘違い

また、海外に住んだから英語が喋れるというだけでは、あまり意味がないことをご存知ですか?

  • 英語が喋れる=海外では当たり前
  • 英語が喋れる=他人を教育できる資格はあるのか?
  • 英語が喋れる=英語を使って何ができるのか?

英語を使って何ができるのか、そして英語で何を学び、何を習得してきたのかが最も大事なことです。

 

例えば留学に行って英語が喋れるようになった為、英会話の先生を目指すと言う方がいるとしましょう。

しかし英会話の先生は、ただ単に英語が喋れるだけでは先生になれません。

 

生徒に教えられるだけの大量の知識や、伝えたいことを正しく伝える能力、間違いを見分けられる判断力など、見えない部分にかなりのスキルが必要になります。

それを海外滞在中に英会話の先生として働いた経験があるならまだしも、ただコミュニケーションが取れると言うだけなら、経験のある外国人講師を雇った方がいいのは一目瞭然でしょう。

 

このように、”英語が喋れる=仕事に困らない”ではなく、”英語を使って〇〇ができる”ということにフォーカスして、将来に活かせるスキルを英語で習得するのが何よりも望ましいです。

世の中英語が喋れるだけの人はたくさんいますし、だからこそ差別化できる自分なりのウリを習得できれば、海外留学やワーホリが本当の意味で価値のある経験になると思います。

関連記事

留学やワーホリと言えば、多くの方は「英語の勉強の為」だと思っているのではないでしょうか。 もちろん英語の勉強も大切なことではありますが、実は英語を勉強する為だけの目的では、その経験が失敗に終わる可能性 […]

 

海外滞在中に絶対やっておくべき3つのポイント

では海外滞在中に必ずやっておくべきポイントについて解説していきましょう。

  1. 会話力を磨く
  2. 資格の取得
  3. 将来に活かせる仕事の経験値

 

オースティン君

いきなり厳しいことを言わせて頂きますが、そもそも目標が無いまま海外に渡航した場合、高確率でその経験が失敗に終わるので覚悟してください。

最初に決めた渡航目標や理由は、海外に滞在する全ての原動力として、諦めない精神力を維持する為に重要なことなんです。

特に渡航した直後は、うまくいかないことだらけで自分を見失いがちになり、そんな時に自分の目標が無いと無駄に時間を過ごすだけになってしまいます。

もちろんそんな大き過ぎる目標じゃなくていいので、最低限の自分なりの目的を決めてから渡航するようにしましょう。

 

そのうえで海外滞在中に絶対やっておいてほしいのは、「会話力を磨くこと」です。

ネイティブ並みに流暢に話せるのを目指すのではなく、コミュニケーションとして成り立っていて、相手の言ってることが理解できて自分の言いたいことが言えるレベルにはなっておきましょう。

 

先ほど英語を喋れるだけではダメだと言いましたが、英語を喋れるスキルを持っていると選択肢が増えるのは事実です。

会話力があったうえでの専門的なスキルがあれば、かなり貴重な存在になるので、習得しておいて絶対に損はしません。

関連記事

「実際ワーホリ1年間でどのぐらい英語力が伸ばせるのか」について、気になる方も多いのではないでしょうか。 正直な話、こればっかりは完全に人によるので「一概に必ず英語力が伸びる!」とは言い切れません。 & […]

 

そして海外滞在中に会話力を習得したら、次は「専門的な資格を取得して、その業種の経験値をたくさん積んでおくこと」です。

学校に通えば取れるような資格でも、それを実践に活かせる人にならなければ、社会に貢献できる人材にはなりません。

 

資格取得の為に習ってきた経験や知識を使い、更に現地で仕事した経験があれば、職種によってはハイクラスの待遇を受けることにも繋がるので、将来の為にもより実践的な経験を重視して行動するようにしましょう。

 

セイラちゃん

やはり海外滞在中の行動を決めるのは、渡航前に決めた目標や計画性が大きく関係しているんだよね。

『海外でどんな経験をして何を得るのか?』を予め決めておき、その目標に沿って日々の努力を怠らなければ、日本に帰国してからも必ず役立つものになるでしょう。

またその目標があれば海外経験の充実度にもかなり影響してくるので、自分の芯となる部分がブレないようにするのがコツだよ♪

 

日本帰国の準備を始めたらやるべき3つのこと

ワーホリ経験者である僕がオススメする、帰国準備の際に最低限やっておいた方がいいことを3つまとめました。

  1. 転職エージェントに登録・相談
  2. できるだけ貯金しておく
  3. TOEICの勉強をする(※英語が必要な場合)

 

①転職エージェントに登録・相談

「転職エージェント」とは、求職者が抱える悩みを解決し、求職者に最適な転職をお手伝いするサービスのことを言います。

 

転職エージェントのメリット

  • 自分の理想に近い最適な仕事先を紹介してくれる
  • 企業側がエージェントに料金を払ってくれるので求職者は完全無料でサポートを受けれる
  • 表には出ていない非公開求人まで紹介してくれる
  • エージェントが直接人事に求職者の能力を伝えてくれる
  • 就職達成までの道のりを全てサポートしてくれる

転職エージェントのデメリット

  • 小規模のエージェントは紹介できる案件が少ないのでブラック企業を勧められる可能性も
  • エージェントが間に入って仲介を行ってくれるので就職までに時間がかかる
  • 市場価値の低い人材(例:転職回数が多過ぎる等)だとサービスを受けることができない

 

オースティン君

転職業界に精通した専門のスタッフが、求職者のスキルや経験を徹底的に調査し、企業の方針や世間の評判、そして相性なども含めて総合的に判断し、紹介してくれます。

なぜ転職エージェントに登録した方がいいのかと言うと、日本にはブラック企業と言われる会社が数多くあり、「実際に働いてみたら全然違った」とか「働く前に企業の詳細を知りたかった」言う意見が後を絶ちません。

なので就職してもすぐ辞める事の無いよう、企業と求職者両者の為に、専門的な業界に精通したスタッフが間に入って余計な手間や負担を軽減することを目的にしています。

そして面接の対策や、就職が決まった後の状況確認、しかもそれらが全て無料でサポートを受けられるので、安心して任せられるのが登録者の満足度にも繋がっているのです。

 

 

②できるだけ貯金しておく

日本帰国後の賃貸契約や生活必需品を揃える為にも、海外滞在中に最低限の貯金をしておくようにしましょう。

 

仕事を見つける為の準備をしておいても全てが順調にいく訳ではないし、移動するのにかかる交通費や滞在費、新居への引っ越し代や家具など、意外とお金がかかってしまいます。

特に戻って来た最初の頃はお友達と遊んだり、美味しい物を食べるのはもちろん、旅行なども行く機会があると思います。

 

また朗報なのですが、最近日本のシェアハウス業界が盛り上がってきていることはご存知ですか?

海外に住んでたからシェアでも問題ないという方、極力家賃を抑えたい方にとってはジャパンクオリティの素晴らしさを実感できると思います。

詳しくは記事にまとめたので、ぜひ下記のリンクを参考にしてみてくださいね。

関連記事

現在、留学やワーホリなどで海外に滞在している方、帰国後の住まいは決まっていますか?   帰国しても実家に滞在できる方ならいいですが、地元から離れる予定や一人暮らしを始める場合、自分で住まいを […]

 

③TOEICの勉強をする

日本帰国後に英語を必要とする職業に就く場合、海外滞在中にTOEICを受ける為の勉強をしておきましょう。

 

最近日本の企業は英語が喋れる人材を盛んに募集していて、高所得&高待遇の求人をよく見かけるようになりました。

外国人労働者や旅行客の増加が理由だと思われますが、日本全体で英語への需要が増えているのは間違いないし、英語を喋れることがスキルの一つとして認められ始めたのは事実です。

 

ただし日本における英語力を判断するのが「TOEIC」なので、外資系や英語を使った職業に就く場合は必ずTOEICを受けるようにしてください。

でも正直TOEICに関して、ワーホリ・留学経験者からすれば比較的楽なテストであり、試験の傾向と知識量を増やしておけばそこそこの点数はとれると思います。

 

しかもTOEIC専用のオンライン教育がたくさん出ているので、アプリやオンライン英会話などを活用して対策をしておくようにしましょう。

 

TOEIC対策にオススメのアプリ


 

  • 3ヶ月コース/68,000円(税抜)→3回分割払い/22,666円
  • 6ヶ月コース/98,000円(税抜)→6回分割払い/16,333円
  • 新規入会の方限定で2万円のキャッシュバック(条件有り)
  • 3ヶ月の集中学習でTOEIC275点UPも目指せる!オンライン特化型コーチング
  • 専属コーチが勉強の進め方を丁寧に教えてくれる
  • 1テーマ=5分前後の動画なのでスキマ時間に勉強できる
  • 専属コーチが適度に学習を管理してくれる
  • アプリで授業が受けれられるので学習が進めやすい
  • 自己管理が苦手な人やサボり癖がある人にオススメ
  • 満足できない場合は返金対応

パーソナルコーチプランには日常英会話、TOEIC® L&R テスト対策コースが含まれます

 

関連記事

最近はオンライン英会話スクールやアプリなどがどんどん開発されていますが、その中でも一部のユーザーから高評価を受けている【スタディサプリ ENGLISH】を知っていますか?   メディアなどを […]

 

リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

 

コチラの記事もオススメ!

関連記事

日本人なら誰もが知っているであろう【ライザップ】とは、ダイエットを目的としたカリキュラムで「結果にコミットする」が謳い文句のアレですよね。 そのライザップがなんと英語業界にも参入し、英語を本気で学びた […]

 

まとめ

今回はワーホリ・留学から帰国後の仕事の探し方や、対策について解説させて頂きました。

実際に多くの日本人が海外留学を経験しても、帰国後に全く活かせずに、海外に行ったのを後悔している人は決して少なくありません。

 

でもそういった方達を観察しているといくつかの特徴があり、それが今回話させて頂いた海外に渡航する目標や具体的なプランを掲げていないのが一番の原因になっているケースが多いです。

なので自分なりの将来的なゴールを探すことから始めて、そのゴールを達成する為の留学やワーホリにするのが成功のコツだと思います。

 

ぜひ参考にされてみてくださいね。

では今回は以上になります。読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

「ワーホリ後はどんな仕事に就けばいいんだろう。。」 「ワーホリ経験者に有利な職業なんてあるのかな。。」 おそらくこのブログに訪れた方は、日本帰国後の仕事について不安に思っているのではないでしょうか。 […]

関連記事

「実際ワーホリ1年間でどのぐらい英語力が伸ばせるのか」について、気になる方も多いのではないでしょうか。 正直な話、こればっかりは完全に人によるので「一概に必ず英語力が伸びる!」とは言い切れません。 & […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告