【Youtube】ワーホリに行くなら最低85万円は用意するべき理由

「ワーキングホリデーに行きたい!」と思った際に、多くの方にとって気になることの一つが『費用』ではないでしょうか。

費用と一言で言っても、渡航前の準備から渡航直後の費用、そして現地生活中に使う貯金など、一体いくらあれば良いのか分からない方も多いと思います。

 

そこで今回は「ワーホリに必要な費用」と題して、最低85万円は必要である理由と、その内訳を含めた細かい費用に関して解説させて頂きます。

今後ワーホリに行く予定がある方、または「興味があるけどお金のことが気になる!」といった方向けに、Youtubeの動画にまとめました。

 

ワーホリに必要な費用は最低85万円である理由

 

オースティン君

今回ご紹介する内容は、ワーホリ全体の平均値を元に計算して算出した費用であり、国によってはプラスでかかる費用もあるかもしれません。

また世界各国、年々物価の上昇や家賃の高騰が続いており、国によっては思ってる以上にコストが必要な場合もあるでしょう。

あくまで2019年(2020年)現在の話であり、ビザの制度も常に変わることから、最新の情報や本当に必要な費用に関しては実際に現地に出向かないと分からない、ということをご理解頂けたらと思います。

 

Youtube動画の内容

  1. ワーホリの費用に大きく関わる4つのポイント
  2. 【ポイント①】渡航する国
  3. 【ポイント②】渡航する目的
  4. 【ポイント③】滞在期間
  5. 【ポイント④】渡航する時期
  6. 最低限必要な費用内訳
  7. 【費用①】ビザの申請料金
  8. 【費用②】渡航費
  9. 【費用③】現地での生活費
  10. 【費用④】現地での宿泊費(シェアルーム)
  11. 【費用⑤】現地での学費
  12. 【費用⑥】海外留学保険
  13. トータルで85万円必要

 

セイラちゃん

ワーホリに必要な費用は、結局その人が現地で何をしたいのかによって大きく変わるんだよね。

学校にどのぐらいの期間通って、いつから働くのか、住まいはシェアorホームステイなのかでも用意するお金が2倍3倍と違ってくるので、あくまで今回紹介しているのは最低限の基準になります。

ただ一つだけ言えるとしたら、お金はあるならあっただけ選択肢が増えるので、それが可能ならしっかり貯めてから渡航するようにしよう♪

 

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告