【ワーホリに行かなければよかった】5つの失敗例から解決策を紹介

ワーキングホリデーを経験してみると分かるのですが、必ずと言っていいほど「失敗」は付き物です。

冷静に考えると分かるのですが、今まで住んだことのない環境で新しい生活をしていく訳ですから、分からないことだらけで物事がうまく進む方がおかしいです。

 

でも人によってはその失敗や後悔したことを引きずってしまい、ワーホリに対してあまり良い印象を持たない人がいるのも事実。

では極力失敗しない為、後悔しない為にどのような対策をして渡航すればいいのでしょうか?

 

実際の経験談や滞在中に出会った様々な方の情報も含めて解説していきたいと思います。

 

ワーホリでよくある失敗例を紹介&対策を解説

 

オースティン君
下記にワーホリの失敗例を挙げてみました。誰もが経験することなので、渡航前に最低限理解して同じような失敗を繰り返さない為の対策をしておきましょう。
  1. 思ったほど英語が上達しない
  2. 日本で生活するのと大して変わらない
  3. エージェントに全て任せてしまった
  4. 外国人の友達が一人もできなかった
  5. 何も得ること無いまま過ぎ去ってしまった

 

①思ったほど英語が上達しない

これはネットで調べれば驚くほど情報が出てきて、ここで詳しく説明しなくても誰もが知っているであろう事実です。

 

まず英語学習において、普通に外国人と問題なく喋れるようになるには、それなりの期間と努力が必要になってきます。

たった数年の海外経験ぐらいで英語がペラペラになっていたら誰も苦労しません。

 

僕達が生まれてから大人になるまで、いきなり赤ちゃんの時に難しい漢字とかことわざなど問題なく使えてきましたか?

 

おそらくほとんどの方が簡単な単語から覚えて、文章として理解するようになり、そのうち習ってきたことを活かして自分なりの表現ができるようになってきた。

英語学習にも同じことが言え、学習における順番というものが必ずあります。

 

ではどうしたらいいかと言うと、『変な期待なんかせずにコツコツ英語学習を続けること』これしかありません。

短期間で楽にではなく、ある程度の長いスパンでコツコツ確実に習得していくことを目指しましょう。

 

例えばワーホリや留学に行く予定があるなら、最低でも1年ぐらい前から英語の勉強を始め、渡航前にある程度英語に触れておく。

そして渡航後は必ずと言っていいほど、自分の英語力の無さに落胆し悩むと思うので、それでも諦めない精神力の強さ、そしてここでもコツコツ継続する目標設定が大切になってきます。

 

とにかく最低でも2~3年、長い人だと5年ぐらい勉強し続けるモチベーションを維持するようにしましょう。

セイラちゃん
【結論】海外に行けば英語が喋れるようになるなんて変な期待をせずに、コツコツ継続して勉強する意思の強さが超大事!!

 

②日本で生活するのと大して変わらない

これもよく言われている日本人のワーホリあるあるで、

  • 日本人の友達としか遊ばない
  • 日本人ばっかりの職場で働く
  • 日本人が多い学校に通ってしまう
  • 日本人がいるシェアハウスに住む
  • 家に帰ったら日本語のテレビや動画を見て楽しむ
  • 家では英語の勉強を一切しない

 

渡航する前はこれらの話を聞いても、「あり得ない!」「私は絶対しない!」と思うかもしれません。

でも実際に生活を始めてみると思っている以上に物事が進まず、コミュニケーションがうまく取れないし、だんだん自信が無くなってきます。

 

その結果ストレスが溜まってきて、その吐け口として日本人に話を聞いてほしいとか、話が通じる慣れた人と一緒に楽しくしていれば嫌な気持ちも晴れると思ってしまう。

 

でも厳しいことを言わせて頂くなら、そのような考えを持ってしまっている時点で大きな成果を得ることはありません。

成果とは「英語、経験、友達、学び」などです。

 

ではそういったことにならない為にはどうしたらいいかと言うと、先ほど挙げた例の逆の行動をすればいいのです。

  • 外国人の友達としか遊ばない
  • 外国人ばっかりの職場で働く
  • 外国人が多い学校に通ってしまう
  • 外国人がいるシェアハウスに住む
  • 家に帰ったら英語のテレビや動画を見て楽しむ
  • 家では英語の勉強しかしない

 

たったこれだけのことをやればいいだけ。

すごくシンプルなことなのですが、この当たり前のことができない人が多いからこそ、「ワーホリは失敗だった」と思ってしまう。

 

また個人的にオススメなのが、本気でワーホリを活かしたいなら「都市部よりも田舎の日本人が極力いない地域に住むこと」です。

 

僕もオーストラリアで生活していた時は、ローカル企業で働くことが目的だったので2年間フルで田舎に住んでいました。

やはりそういった環境にいれば英語を使う機会の方が多いし、都市部と違って暇な時間が多いから勉強する時間の確保にも繋がる。

 

とにかくせっかく海外に住んでいる訳ですから、海外の生活・環境を自らの意思と行動で手にするようにしましょう。

セイラちゃん
【結論】慣れた日本の生活や日本人との交流がダメではないけど、限られた期間を充実したものにする為には、住まい・職場・友達を外国ならではの環境にするよう努力しましょう!!

 

③エージェントに全て任せてしまった

渡航前はもちろん、渡航後のことで誰もが気にするのが、本当に現地生活できるのかな?だと思います。

まず結論から言わせて頂くなら「絶対に大丈夫!!」です。

 

海外となると全く知らない環境だし、しかも住み慣れていない訳ですから不安な気持ちを抱いてしまうのは当たり前の話。

でも多くの方はその部分で心配になってエージェントに多額のお金を払って、住まいや仕事の斡旋をしてもらいますよね。

 

しかしその実情はご存知ですか?もちろん全てのエージェントがダメとは言いませんが、稀にあまりにもひどいなと思ってしまう企業があることも事実なのです。

  • エージェントに全て任せたら200万ほど請求された
  • 職場を紹介してもらったら手数料数十万円+日本人の職場だった
  • 語学学校の手続きをしてもらったら日本人しかいない学校だった

このようなことを平気で行なっている会社があることは理解しておかなければなりません。

 

なので最低限知っておいてほしいことは、『ある程度のことは自分でできる』ということを理解しておいてください。

では簡単にコツをまとめておくのでぜひ参考に。

  1. 分からないことはとりあえずGoogleで検索
  2. 住まい探しは現地サイトで探して自分で問い合わせよう
  3. 仕事は現地サイトで探して自分で問い合わせよう
  4. 語学学校は現地に着いてから現地にいる日本人に情報を聞こう

※現地サイト【trademe】

 

これらをやるだけでもかなりコストを抑えられるし、ほとんどの場合なんとかなるので覚えておきましょう。

セイラちゃん
【結論】エージェントに全て任せるのではなく、自分でやれることはやる!そしてどうしてもできない内容であればサポートしてもらうといったぐらいで十分。なるべく貯めたお金は現地での経験や学習の為に使うようにしよう♪

 

僕達が運営している【booos+】は、基本的な手続きや申請は全てお客様自身で行なってもらうスタイルなので、無駄な手数料を抑えた低コストでのサポートを実現しています。

「極力コストを抑えて困った時や情報提供の場として使いたい」

「英語学習のサポートやいつでも質問・相談ができるメンターが欲しい」

そういった方にこそぜ活用して頂きたいシステムになっています。詳しくは【コチラ】を参考にしてくださいね。

 

④外国人の友達が一人もできなかった

これも日本人の方がよく勘違いしてしまうことなのですが、「海外に行けば外国人の友達ができる」と思ってしまうこと。

 

では逆に質問したいのですが「日本に住んでいる外国人の友達は何人ぐらいいますか?」

おそらくほとんどの方が「いない」もしくは「いても日本語が喋れる外国人」と答えるのではないでしょうか。

 

実はワーホリで海外に渡航したところで外国人の友達というのはそう簡単に作れません。

なぜできないかと言うと、育ってきた環境や言語の壁と言うのは思っている以上に大きいからです。

 

中には英語があまり上手じゃなくても外国人の友達がすぐできる人もいるし、英語がペラペラだとしても全く外国人の友達ができない人もいる。

要は日本で日本人の友達を作る時と一緒で、同じような価値観を持ち、お互いに理解し合える関係性を作らないと友達なんてできる訳がありません。

 

しかも更に文化と言語の違いが問題になってくる訳ですから、相当な言語力を持っている方や外国人慣れしている人。

もしくはかなりのコミュニケーション能力を持った人じゃないと難しいのです。

 

僕自身も外国人の友達がいるか?と言われても、実際仲いいのは数人程度。

しかも出会ったのが職場やお客様と言った感じなので、普通に友達として関係性を保つには、それなりの共通点みたいなものがないと簡単に友達はできないと理解しておきましょう。

セイラちゃん
【結論】外国人と言っても、同じように英語を勉強しに来たアジア人やヨーロッパ人などであれば比較的友達になりやすいよ!特に学校とか職場での出会いであれば友達になる可能性大!

 

⑤何も得ること無いまま過ぎ去ってしまった

これは上記で述べてきた内容の【総まとめ】みたいな感じになってしまいますが、ワーホリの1年と言うのは思っている以上に短い期間なんですね。

1年と聞くと長く感じるかもしれないですが、実際行ってみると刺激的な毎日で、気づけばあっという間に帰国と言う状態になってしまいます。

 

なので、その限られた期間に「何をして、何を学び、何を得たのか」この3つの『What?』を意識して常に行動しなければなりません。

 

例えば上記で説明してきた4つのポイントをまとめるなら、

  1. 渡航前から渡航中は意識的に言語(英語)習得に専念しよう
  2. なるべく海外生活ならではの環境に身を置くようにしよう
  3. 他人に頼りすぎず自分で切り開いていく勇気を持とう
  4. 文化や言語の壁を超えたコミュニケーション能力を習得しよう

 

このようにワーホリと聞くだけなら「ただの遊び」とか「旅行」などと言う人もいますが、僕は『自分の実力を試す(見つける)期間』だと思っています。

 

日本で培ったもの(仕事や英語等)が海外でも通じるのかを試し、失敗したり落ち込むこともあるけど、その結果新たな自分の可能性を発見することにも繋がる。

その為にはこの限られた期間を使って自分を見つめ直すことが大切なんですね。

 

過去の失敗や後悔とかは関係なく、これからの未来に向かって自分は何をすべきなのか?

自分のやりたいことや好きなこと、楽しいと純粋に思える気持ちを再確認すること。これこそがワーホリの醍醐味なのです。

 

何かを得る為に行くのではなく、見つける為に様々な経験やチャレンジをするようにしましょう。

 

まとめ

 

ワーホリを経験してきた僕達だからこそ言えるのは、「無駄だったと思うような経験には絶対にしてほしくない」と思っています。

 

結局のところ無駄にするか価値のあるものにするかは自分次第だし、滞在中どんなことを経験して、どれだけの数挑戦してきたのか。

そして自分としっかり向き合ってきたのか?に気づくことが最も価値のあることなのです。

 

今はネットをうまく活用すれば、経験者の情報や知恵を借りれる訳だし、自分に置き換えながら様々なことにチャレンジできる時代なので、ぜひ参考にして頂いて今後のワーホリ生活に活かしてほしいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告