【男女別】元美容師だから活躍できる!美容以外の転職にオススメの職業

美容師はやりがいもあって楽しい職業にも関わらず、離職率は他業種に比べてかなりひどいのは既にご存知かと思います。

 

女性美容師であれば比較的長く続けられる方が多いですが、男性美容師の場合は30代を超える辺りから急激に離職率が伸びます。

それがなぜかと言うと、若い時と違って結婚や子育て、収入の面などを考えて判断しなければいけなくなるからです。

 

または独立を考える人もいるでしょうし、どちらにしても辞めるか続けるかを半強制的に決めないといけない状況になる。

では、もし美容師を辞める場合、その後どのような職業を選べばいいのか、または元美容師の人達は現在何の仕事をしているのでしょうか。

 

今回は男女別で美容師辞めた後の話、転職事情について解説したいと思います。

 

【女性美容師】美容以外の転職にオススメの職業

 


女性美容師さんの場合、辞めた後はどんな仕事に転職しているのでしょうか?

  1. 美容関係(メイクやネイル等)
  2. ブライダル
  3. アパレル
  4. 事務関係
  5. 飲食関係

 

このように接客関係の仕事に就く人が圧倒的に多く、女性美容師さんならでは経験を活かしている傾向にあります。

最近は、アシスタントの時からネイルやメイクの技術を習得するので、そこで培った知識をネイリストまたはブライダルのヘアメイクへと発展させていく人が多いです。

 

もちろん美容とは関係ない事務員や、飲食関係で働く人もいますが、結局「美容師の方が楽しい」ということでパートとして再雇用してもらう人もいます。

このように女性の場合は男性と比べても、美容師の経験を直接活かせる機会が多いというのが一番のメリットになるでしょう。

 

ただし2020年の新型コロナの影響で、世の中全体が大きく変わってしまったことから、接客業全般が厳しい状況になっているので、やはり安定を選ぶならネット関係の仕事が最もオススメです。

 

その中でも特に求められているスキルとは、

  • ライティング
  • Webマーケティング
  • プログラミング
  • 動画制作&編集

これらを持っているかどうかで転職だけではなく、収入にも直接影響を与えるので、ぜひ今から勉強を始めておきましょう。

 

オースティン君

まずは本業をやりながら、副業としてこれらの勉強をしつつ、成果が出てきたら仕事にしていく感じでOK。

とにかく始めてみないと何が自分に向いてるかも分からないし、適当に学習しても続かないので、そうならない為にも長期で勉強し続けることが大切です。

もし何に手をつけていいのか分からないという方は、【コチラの記事】にこれからの時代に必要なスキルや、アフターコロナ時代の働き方について解説しているので、よかったら参考にしてください。

 

関連記事

2020年に入り、怒涛の月日が流れたこの約数ヶ月ですが、一生に一度経験するかしないかレベルの事態に陥ってますよね。 まさか自分達が生きてる間にパンデミックを体験するなんて、誰も予想できなかったし、ゲー […]

 

【男性美容師】美容以外の転職にオススメの職業

 


今回の記事の最大のテーマが、「男性美容師の転職事情」です。

もちろん辞める時の年齢も関係ありますが、男性美容師の転職の場合は正直楽ではありません。

 

特に30歳を超えてたりすると美容師という職業柄、一般的な企業での就職はかなり難しい傾向にあり、美容以外の世界もことを全く知らないという方も多く、転職の際に大きな壁になります。

例えば美容師さんの中には、パソコンを上手に使えない、または文字を打つのが遅いという方もいるのではないでしょうか。

 

しかし一般企業で働く際にある程度のパソコンスキルは必須で、現代はネットをうまく使いこなせる人じゃないと、雇ってくれる可能性はかなり低いです。

なのでなるべくなら、美容師時代の経験を活かした職業に転職するか、もしくはこれから伸びる業界に必要なスキルを身につけることを意識した方がいいでしょう。

 

以下、元男性美容師の方が転職に選ぶ際の判断基準になる業界一覧です。

  1. 営業職
  2. IT業界(Web)
  3. ビジネスを始める(起業)

 

【男性美容師の転職①】営業職

女性美容師と同じく、やはり接客の経験を活かせる職業に転職した方が間違いないです。

 

美容師は技術だけではなく、接客技術に関しても長年の経験で培ってきているので、お客様との接し方は本当に上手な人が多い。

特に営業職ならかなりの確率で重宝され、美容師として実績がある人は口も達者であることから、営業の世界でも結果を残せるでしょう。

 

特にオススメなのが、

  • 美容メーカーの営業
  • 保険関係
  • 不動産関係
  • 自動車関係
  • 人材紹介系
  • ホテル関係

もちろん職種によっては大卒以上、資格が必要な場合もありますが、基本的に美容師はホスピタリティ重視の職業で活躍できる可能性が高いんですね。

 

美容師が誇れるものの一つである接客スキルは、どの業種にも負けない気遣いや丁寧な対応が何よりも武器になるので、人と話すことが好きな人は接客業で攻めてみるのは有りだと思います。

 

書類選考なし!あなたのやる気が評価される求人多数

 

【男性美容師の転職②】IT業界(Web)

IT業界と聞いて意外だと思った方もいるかもしれないですが、実は美容師経験者はIT職にかなり向いているんです。

 

その理由は、

  • ファッション業界と同じで変化が早い
  • コツコツ技術を積み上げる根気が必要
  • 正解も終わりも無い世界だから
  • コミュニケーションスキルが必要
  • 大変だけどやりがいがある

これらを挙げてみて気づいたと思いますが、IT業界も感覚的に美容師の世界と同じなんですね。

 

いつまでやっても満足することはないし、何が正解で何が間違ってるのか分からない中で、自分が良いと思ったものをひたすら表現していく。

そしてその表現の為に必要なスキルや知識を常にアップデートしなければならず、しかもいつまで経っても終わりは見えてこない。

 

これはIT業界も全く一緒で、自分もWebマーケターとして3年前から活動してますが、今だに何が正しいのかなんて分からないけど、その分やりがいを感じているからずっと続けてきました。

経験を積み重ねていくうちに稼げるようになってきて、気づいたら人に教えられるぐらいのレベルまで上達したのに、本人はそんな自覚もなくただ日々やるべきことを淡々とやる毎日。

 

なので個人的にも美容師が転職をするなら、IT業界一択だと思っていて、もちろん合う合わないはありますが、美容師時代よりも収入は増えるし、時間や場所に捉われない生活を手にすることができます。

その代わり勉強をし続けないといけないし、ある程度習得するまでに数年はかかるのですが、それでも長い目で見れば実は安定した業界でもあるんですね。

 

先ほど「女性美容師の転職」でもまとめましたが、

  • ライティング
  • Webマーケティング
  • プログラミング
  • 動画制作&編集

これらのスキルはIT業界では必須であり、これらどれか一つでもいいので習得していないと転職は難しいでしょう。

 

だからこそ美容師をやりながら副業で勉強しつつ、少しずつ利益を上げるようになって、その結果月数十万円を稼げるようになれば転職、または独立することを視野に入れてもいいかもしれません。

とにかくまずは勉強をして知識と経験を積むことであり、独学である程度学んだら、オンラインスクールなどを活用してしっかり習得することをオススメします。

 

独学でも無理ではないですが、やはりお金を使って先生に教えてもらった方が確実だし、何より習得までの時間が物凄く早く効率的に知識を得ることができるんですね。

これは僕自身がケチって独学でやってきた結果、時間がかかり過ぎてしまった反省点も踏まえてお伝えしているので間違いありません。

 

オンラインで学べるオススメのスクールのリンクを貼っておくので、興味がある方はぜひお試しください♪

 

【男性美容師の転職③】起業(事業を始める)

転職を考えている方の中には、「自分の力で稼げるようになりたい!」「時間や場所の縛りがなく自由に働きたい!」こういった願望がある人がいますが、そのような方は事業を始めることをオススメします。

 

もちろん自分でビジネスを始めるというのは決して楽なことではないし、リスクを伴う訳ですが、それでも時間の制限もなく、人間関係で悩むこともない、しかも収入は無限に増えることを考えると、実はリスクなんて存在しない。

会社員と比べたら収入は不安定だけれども、自分の努力次第でいくらでもプラスに変える要素はある訳ですから、勇気と行動力がある方にはぜひチャレンジしてほしいです。

 

もちろん美容師さんなら自分のお店を持つことを目標にしてもいいけど、今はネットで稼ぐ方法なんて無限にあるので、自分が好きなことをしながら美容師以上に稼ぐことも十分に可能。

 

例えば上記で挙げたスキルに関しても、

  • 美容師×プログラマー
  • 美容師×ブロガー
  • 美容師×Youtuber
  • 美容師×Webマーケター

組み合わせ次第では自分でビジネスを始めることなんていくらでもあります。

 

現代は多様な働き方を認めなければいけない時代だからこそ、一つの職業だけに絞って仕事をすることの方がリスクが高いと言われているのです。

リスクを分散することができれば、もし本業で稼げなくなっても副業で稼げるといった具合に、いざという時の収入源があるだけで気持ちに余裕が出るし、何よりやりがいもあります。

 

なので自分でビジネスを始めたい方はまずはスキルを身につけて、将来に備えておくようにしましょう。

よかったらYoutubeでも同じような内容を発信しているので、こちらの動画も参考にして頂けたら嬉しいです。

 

まとめ

 

今回は、男女別の美容師の転職事情についてまとめましたがいかがだったでしょうか。

従来の転職であれば接客の経験を活かして接客業で働く人がほとんどですが、2020年以降はそのような業種で働くことが困難になるばかりか、色々なリスクを抱えているので正直オススメはできません。

 

もちろん接客業の全てが無くなる訳ではないけど、縮小していくのは間違いないと思います。

なのでこれからの時代性を踏まえても、副業から始めて個人で稼ぐようになっておくことが大切で、収入源をいくつも持っておくのは今後常識化していくでしょう。

 

そういった内容を今後もブログやYoutubeを通して発信していくので、今後とも参考にして頂けたらとても嬉しいです。

ではまた!Bye!!

 

関連記事

2020年に入り、怒涛の月日が流れたこの約数ヶ月ですが、一生に一度経験するかしないかレベルの事態に陥ってますよね。 まさか自分達が生きてる間にパンデミックを体験するなんて、誰も予想できなかったし、ゲー […]

関連記事

元々僕はフルタイムで美容師をやっていた時期がありますが、本当にこの仕事は魅力的な職業だと思っています。 ただすごくいい仕事なんだけど、辞めていく人が本当に多い職業でもあるんですね。   やり […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告