「ワーホリに行って失敗した。。」

「ワーホリなんて行くべきじゃなかった。。」

「ワーホリに後悔しか残ってない。。」

実際にワーホリを経験した人からこんなことを聞いたり、ネット上でこのような記事を読んだことはありませんか?

 

しかしこのような方達には”ある特徴”があり、「ワーホリに行って良かった」という意見を持つ人と逆の行動をしているケースがほとんどなのです。

そこで今回はワーホリのリアルな部分を紹介しながら、後悔のワーホリにしない為の具体的な方法を解説していきたいと思います。

 

「後悔のワーホリ」になりがちな人の特徴5選

 

オースティン君

ワーホリは他のビザと違って、自由に何してもOKなビザなので、ある意味全ての行動が自己責任になるんだ。

期間中にどのような体験をし、どんな人と触れ合って、何を学ぶのか、これら全てが1年間の成果として自分に返ってきます。

だからこそ、後悔しか残らない人にはいくつかの特徴があるので、そうならない為の対策法&失敗例を解説していきましょう。

 

英語が喋れるようにならなかった自分に後悔

外国人と言葉が通じない女性のイラスト(英会話)

ワーホリ経験者の後悔すること第一位が、「英語が喋れるようにならなかった」です。

そもそも「海外経験をする=英語習得」という目的でワーホリに訪れている人がほとんどですから、英語をある程度喋れるようになることをゴールにしている方が多いと思います。

 

しかし1年程度の海外経験で英語をペラペラに喋れる人なんて、ほんの一部の人を除き、ほぼ不可能です。

なぜなら英語習得自体がそんな簡単な話ではないから。

 

ちなみに僕の知り合いで、ワーホリを通して英語力を伸ばせた人は以下の通り。

  • 現地の外国人と一緒に暮らしている
  • 現地の外国人と積極的に接している
  • 現地の外国人と常に遊んでいる
  • 現地の外国人と一緒に働いている
  • 日本人と一切絡まない
  • 日本語を見ない・読まない・喋らない
  • 毎日の英語の勉強を欠かさない
  • テレビや動画は全て英語で視聴

このように日々の生活に「日本」という環境を一切排除し、そのうえで外国の文化に触れ、現地の人と現地の言葉で接する機会をたくさん設けています。

 

でもある意味、この厳しい環境を自分自身で作り出せないと英語は上達しないのです。

ただ僕自身は、ここまでの環境を好んで選ぶ人はそれでいいと思いますが、正直相当なストレスになるのであまりオススメしていません。

 

もちろん積極的に現地の人と触れ合い、英語を使う環境をどんどん作った方が大きな成長に繋がるのは確かです。

しかし頭では分かっていても、なかなか勇気がなくて出来ない人の方が大多数だと思うので、最低限やってほしい英語の上達にオススメの方法を紹介します。

  1. シェアハウスは外国人と一緒の部屋を選ぶ
  2. 外国人と一緒に働ける環境を選ぶ
  3. 毎日英語に触れる機会を設ける(映画を観る等)

 

これらは先ほど挙げた英語が上達した人から抜粋したものですが、最低この3つのポイントは抑えてほしいです。

むしろこの環境を作れないと、帰国時の自分の英語力の無さに後悔してしまうと思います。

 

そもそもなぜこれらが大事かと言うと、「外国人の知り合いを作る=英語に触れる機会を設ける」に繋がるからです。

留学などで現地の大学に通うなら比較的容易に友達ができるとは思いますが、それ以外で友達を作る方法は基本的に家か職場しかありません。

 

しかし日本人のワーホリでよくあるのが、家も友達も職場も日本人だけで、ほとんど日本語のみで生活してきた結果、英語が全然上達しなかったというパターンです。

これを聞いて「そんなの当たり前だろ」と思うかもしれないですが、思ってるよりも外国人の環境を作るのは難しいし、思ってる以上に英語を使わなくても海外で普通に生活が出来ます。

 

だからこそ英語を上達させることを目標にするなら、英語を使う環境を自分の意思で作り出すしか方法がないのです。

たまには日本人と触れ合うことがあってもいいですが、せめて家や職場に外国人がいる環境を選び、英語に触れる機会をたくさん作ることは上達するうえで最低限やるべきコツになります。

関連記事

「実際ワーホリ1年間でどのぐらい英語力が伸ばせるのか」について、気になる方も多いのではないでしょうか。 正直な話、こればっかりは完全に人によるので「一概に必ず英語力が伸びる!」とは言い切れません。 & […]

 

語学学校に通っても大して意味がなかったことに後悔

勉強会のイラスト(国際)

ワーホリに行かれる方の中で、語学学校に通う予定の方はいませんか?

いきなり元も子もないことを言わせて頂きますが、たった数ヶ月学校に通っただけで英語を喋れるようにはなりません。

 

もちろん語学学校と言うのは語学を学ぶ学校であり、日本人だけでなく色々な国籍の人が英語を学びに訪れています。

僕自身もニュージーランドのワーホリに行った時に1ヶ月だけ通った経験がありますが、正直メリットを感じませんでした。

 

なぜかと言うと、日本人みたいな英語が全く喋れない人にとっては、最適な環境ではないことに気づいたからです。

まず語学学校の仕組みに問題があり、英語レベルに合わせてクラスが分けられているのですが、英語が下手な日本人は一番低いレベルのクラスで授業を受けることになります。

 

そうなるとクラスメイトのほとんどが日本人のみという環境になっていて、授業内容は僕達が中学生ぐらいで習ってきた「I have a pen」などの初歩的な部分から始まり、読み書きだけやらせて終了です。

でも僕達日本人が求めてる英語の授業は、外国人とたくさん会話をすることではないでしょうか。

 

しかしそのような授業を受けるには、上級クラスに入れる人のみの特権です。

なので語学学校に通うなら最低限の英語力を身につけた後、または基礎をしっかり理解されている方だけが通うべき環境だと思います。

 

英語が全く喋れない状態で学校に通っても大して成長を感じれないので、日本にいる間に独学やオンライン英会話などを活用し、基礎英語力を鍛えてから海外に渡航するようにしましょう。

関連記事

ワーホリを考えている方なら必ず通る、語学学校に行く?行かないべき?という問題があります。 しかしネットで調べたり、エージェントに聞いてもだいたいは「行った方がいい」と言ってきますよね。   […]

 

海外に住んでるのに日本人の友達しかできなくて後悔

友達のイラスト「肩を組む女性たち」

ワーホリに行かれる方の中には、海外に住んで外国人の友達を作ることを目的にしている人もいるのではないでしょうか。

しかし実際は、外国人の友達は全然できないけど、日本人の友達ばかり増えたという人がほとんどなのです。

 

ただ外国人の友達と言っても、私達と同じように他国から訪れてきている外国人とは比較的容易に友達になれます。

ここで言う外国人とはその国で育ってきた現地の人であり、そのような方と友達になるというのがかなりハードルが高いのです。

 

まあよく考えれば分かりますが、生まれも育ちも文化も、そして言語も違う人といきなり友達になれる訳がありませんよね。

 

それは日本で生活している外国人も同じようなことを感じています。

実際に僕の友達に外国人の方がいますが、彼も「日本に何年も住んでるのに友達ができなくて困ってる」と言っていました。

 

このように外国人と深い仲になること自体が難しい問題であり、仲良くなるにはお互いの理解力や様々な障壁を乗り越えなければいけません。

特に問題になり得るのが言語の壁ですよね。

日本人の場合は英語が苦手な人が多いので、コミュニケーションが取れないことが原因でたくさんのチャンスを逃してしまっているとも言えます。

 

皆さんも日本語が一切喋れない外国人と友達になろうと思いますか?思いませんよね。

もちろん中には、すぐに現地の友達を作って親友レベルまで関係を築けた人もいますが、そのような人は元々のコミュニケーション能力が高いので日本人の友達も多い。

 

だからこそ先ほど英語習得に関する部分で述べたように、家や職場を現地の人と触れ合う環境にすることで、寝食を共にしながら関係性を築き、結果的に会話力(英語力)を伸ばしていくのがベストな方法だと言えるのです。

関連記事

「外国人と友達になりたい!」「仲良くなりたい!」でもどうしたらいいんだろう。。こんなことを思ったことはありませんか?   正直、外国人と仲良くなって一緒に遊ぶようになるのはかなり難しいです。 […]

 

日本で生活してるのと大して変わらないことに後悔

反省・後悔のイラスト(女性)

ワーホリの醍醐味と言えば「プチ海外移住体験ができること」ですよね。

 

しかし実際に訪れてきている方のリアルな生活環境は、

  • 日本人と一緒のシェアルームで生活
  • 金土の夜は日本人が主催した日本人のみのパーティに参加
  • 休みの日は日本人の友達と遊ぶ
  • 日本人が経営しているお店で働く
  • 家では日本語のTVやYoutubeを観る

こういった環境で生活する日本人が大多数なのですが、これって海外に住んでる意味があるのでしょうか。

 

このような経験をしてきた人達が最終的に何を思うかというと、「私何しに来たんだっけ。。」です。

そうならない為にも、海外で生活するうえで知っておいてほしいポイントが3つあります。

  1. 異文化や言語に触れる(学ぶ)
  2. 外国人の価値観を知る(暮らし&仕事)
  3. 今まで知らなかった新しい自分を見つける

 

最低限これらを意識しなければ海外に住む意味がないし、特にこれらの目的がないならそのまま日本に滞在している方が100倍いいです。

とにかく色々な人種の人と触れ合い、人や経験から学び、そして新しいことに挑戦していく。

これこそがワーホリに行く一番の魅力であり、その魅力を活かすも殺すも自分次第ということになります。

関連記事

皆さんはワーホリもしくは海外に住んでみたいと思ったことはありますか?   僕は26歳の時にニュージーランドとオーストラリアのワーホリに行った経験があるのですが、その時に感じたのが海外に訪れて […]

 

ワーホリの経験が日本帰国後に活かせなくて後悔

落ち込む会社員たちのイラスト

せっかくワーホリに行くのであれば、海外生活だからこその経験やスキルを身につけ、日本帰国後の将来にも活かしていきたいですよね。

しかし多くの方はただ海外生活をしてきただけで、特に何も得ないまま帰国する人がほとんど。

 

なぜそうなるかと言うと、そもそもの渡航する目的がすごく曖昧だからなんです。

 

日本人がワーホリに行く理由によく挙げられるのが、

  • 英語が喋れるようになりたい
  • 外国人の友達を作りたい
  • 外国人の恋人を作りたい
  • ただ何となく

これらの理由を元に訪れる方が本当に多い傾向にあります。

 

しかしこれだけの理由では、日本で就職する際の人事担当からすれば「ただ遊びに行ってきた」としか思われません。

そういった人が多いからこそワーホリに対して良いイメージを持たれず、せっかくの経験が世間的に認められないのはこれが理由です。

 

なので最低でも、現地で英語の勉強をして試験を受けておく(IELTS,TOEIC)とか、専門的なスキルが習得できる職業の経験値があるなど、何かしらの証明になるものを用意しておく必要があります。

 

例えば僕の知り合いに現地のカフェで働きながらバリスタの免許を取得、その後日本に帰国してからその資格を使って日本の企業で就職。

数年の経験を経たのちに、自分のお店を開業した友人もいます。

 

それぐらい海外滞在中の経験やスキルの証明があると言うのは、将来的なキャリアプランに大きく影響するので、ワーホリという短い期間だからこそ無駄のない行動を心がけるようにしましょう。

関連記事

現在ワーホリや留学などで海外に住まれている方、帰国後の仕事探しや具体的なプランを考えていますか?   実は帰国前にしっかりとした目標や、やりたいことを決めたうえで帰らないと、厳しい現実が待ち […]

関連記事

「ワーホリ後はどんな仕事に就けばいいんだろう。。」 「ワーホリ経験者に有利な職業なんてあるのかな。。」 おそらくこのブログに訪れた方は、日本帰国後の仕事について不安に思っているのではないでしょうか。 […]

 

後悔のワーホリで終わらない方法

 

後悔しない方法とは、決してワーホリに限った話ではないと思いますが、とにかく「自分が思ったことを素直に行動できる力」「具体的な計画性」が全てにおいて影響します。

 

海外に住むと言うことは決して楽なことではないし、辛いことや嫌な経験は少なからずある。

それでも前向きに捉えて前進する、更に目標に向かって諦めずに挑戦し続けられる精神力を持つことがとても大切です。

 

もちろんそれだけでは具体的な対策にはならないので、次に考えるべきはその壁を乗り越える為のプランを考えること。

それには最低限、渡航する前に「ワーホリに行く目的(理由)」は必ず決めておきましょう。

 

ただし目的なんて途中で変わっても構いません。

僕が言いたいのは明確な目的があるから行動の指針になる訳であり、行動した結果間違ってたら修正、その繰り返しの結果、最終的に自分が得たいものが手に入るということ。

 

それには最初の動機である目的が必要不可欠で、ある程度の目指すべき方角が決まっていないと全ての行動の原動力にはなり得ないのです。

 

もう一度言います。

目的があるからプランを考え、プランがあるから行動でき、行動の結果何かしらの収獲がある。

 

ぜひ覚えておいてくださいね。

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告