3年間毎日勉強を続けた僕が伝えたい!英語学習を継続するコツ

皆さんは、「英語を喋れるようになりたい!」と思い色々やってみたけど、結局続けられなかったという経験はありませんか?

 

僕も英語が好きで勉強を始めたつもりが、毎日の学習がしんどくて挫折した経験が何度もあります。

もちろん頭では、日々少しずつでもやらないといけないというのはわかってる。でもいざ始めてみると30分後には眠くなって、そのまま1日が終わってしまう。。

 

そんな僕でも英語の正しい学習法を学ぶことで、なんと3年間も続けることができ、外国人とも卒なく会話ができるようになりました。

要は”勉強のコツ”さえ掴むことができれば、ある程度までは誰でも英語力を伸ばせるということです。

 

同じような経験をしてきた方へ、僕が実際に英語を学ぶうえで気づいたことや、継続する為に行ってきた克服法をご紹介したいと思います。

 

【結論】英語はコツコツ続けるのが上達への最短の道

 

最初に言っておきますが、英語を上達させるのに一番大切なのは、英語学習を毎日続けることです。

むしろそれ以外の解決策や、短期間で習得する方法なんてこの世には存在しません。

 

「3ヶ月で確実に英語が喋れるようになる!」

「〇〇の聞き流しをやるだけでペラペラになれる!」

こういったサービスのほとんどが事実とは異なり、実際に僕も色々な英語学習者に会ってきましたけど、数ヶ月で喋れるようになった人は一人も見たことがないです。

 

ただこれらの教材やサポートを受けることで勉強のコツを覚え、習得のスピードが早まるのは確かだと思います。

でも誰もが絶対に喋れるようになる訳ではないし、結局はそれぞれの努力量や、どれだけの時間を英語の勉強に掛けたかで結果が変わってくる。

 

なので英語学習で大切な、毎日「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの時間を必ず確保するようにしましょう。

これらの作業を日々やり続けない限り、英語は絶対に身に付きません。

 

【英語学習のコツ】自分の得意な分野から始めること

多くの方は英語の勉強を始める際に、参考書を買ったり、とりあえず英会話教室に通いますよね。でもこの方法は完全に間違っています。

 

正確に言うと、どちらもいつかはやらなければいけないことだけど、いきなり楽しくない、興味もない分野に挑戦したとしてもほとんどの方は継続することができません。

なぜなら学生時代のように、”ただの勉強”になってしまっていて楽しくないからです。

 

そこで僕がオススメしたい方法が、自分の得意な(興味のある)分野から学習を始めること。

例えば、英語を聞き分けられる耳を持っていなければ話すことはできません。また英語の文章を読めない人がいきなりスラスラ書けるようにもなりません。

 

こういった理由から、まずは自分が何に興味があって、どのスキルを伸ばしたいのかを決めましょう。

伸ばしたい分野が違えば学習方法も違ってくるので、まずは自分に合った学習方法を見つけるのが最初にやらなければいけないこと。

 

英語学習者が10人いれば、好きなことも、得意なことも10人それぞれです。

映画を見ることが好きな人もいれば、音楽を聴くことが好きな方もいるでしょう。テレビより本が好きな人もいれば、海外のニュース、海外情勢に興味がある人もいますよね。

 

これを英語学習に当てはめると、

音楽が好きな人=リスニングを強化

本を読むのが好きな人=リーディングを強化

文字を書くのが好きな人=ライティングを強化

人と話すのが好きな人=スピーキングを強化

このように自分が好きなことと、伸ばしやすい分野が密接に関わっていて、自分が興味のある分野から始めることで効率的に英語力を伸ばすことできる。

 

なのでまずは、自分の得意・不得意や興味がある分野を理解し、自分に最適な学習方法を選ぶ必要があります。

それでは「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能別の学習方法を、下記で詳しく解説していきましょう。

 

【誰でも継続できる!】英語4技能別のオススメ学習法を解説

 

「リーディング」を伸ばしたい方

本を読む男性のイラスト

「読む力」を伸ばしたい方に最もお勧めする学習方法は、”多読”です。

多読と言えば本を読む、新聞を読むなどが思いつきますが、僕がお勧めするのは、【Kindle Unlimited】を使ってタブレット等に好きな洋書をダウンロードし、まずは一冊完璧に読み終えること。

 

タブレットを使えば、分からない単語の意味が日本語でも英語でも簡単に検索できます。

でも中には小説は長くてハードルが高いと思う方もいるでしょう、そんな方にオススメなのが【Audible(オーディブル)】を活用する方法です。

 

【Audible】を使えば、本の音読を手軽に体験することができます。耳で聞きながら目で文章を追うことができるので、難しい単語で止まることなく、容易に読み進めることができる。

また耳で聞きながら読むので、聞く力も同時に向上させることができ、英語学習者の方で【Audible】に登録していない方は本当に勿体ないことをしていると思います。

 

ちなみに選ぶ本に関しては基本的に何でもいいのですが、やはりご自身の仕事に関係するものや、興味がある分野の方が続けやすいのでオススメ。

 

もし本選びで迷ったら、映画化されてている作品でもいいと思います。

難易度的にはヤングアダルト向けの本が難しすぎず、読みやすい。英字新聞や、参考書の英文に疲れた方はぜひ一度試してみてくださいね。

 

手軽に本をダウンロードできる【Kindle Unlimited】

音読で「聞く・読む」を同時に習得【Audible(オーディブル)】

 

「リスニング」を伸ばしたい方

ASMR動画を聞く人のイラスト(女性)

「聞く力」に関しては、普段から沢山の英語の音に慣れることが大切で、常に聞き続ける努力をしないと上達はしません。

なので「読む力」の学習方法と同様、洋書を読みながら手軽に聞くこともできる【Audible(オーディブル)】の活用法が最も効果的です。

 

また洋楽を聞く、映画・テレビを見る、【TED Talks】を聞くなど、ご自身の好きなものから始めれば長続きしやすく、僕はよく【Netflix】を使って海外のTV番組を見ています。

 

中でも海外のリアリティーショー「Selling sunset」は、働く女性たちの会話の表現力が豊かで、実際にネイティブが使っているリアルな言葉を学べるのが一番の魅力。

英語が早すぎて聞こえないという方は、慣れるまでは英語字幕を付けて見るようにしましょう。

 

海外の映画やテレビ、動画がまだ難しい方には【Hip Talk LA】という英語教育YoutuberのJunさんが書いた教材もお勧めです。

カリフォルニア在住ネイティブスピーカーの会話が収録されており、会話の内容も笑えるものになっているので楽しく学習できますよ。

 

 

「スピーキング」を伸ばしたい方

英会話のイラスト(男性)

「話す力」を伸ばすには、間違いを恐れずに、とにかく口に出す練習をしないと絶対に上達はしません。なので英語を話す機会を積極的に作るのが何よりも大切なこと。

例えば外国人が集まるバーに行き直接話しかけてもいいし、【Meetup】に登録してパーティやイベントに参加するのも有りでしょう。

 

そういったことが苦手な方は、家でも気軽にできる「オンライン英会話」を活用することをお勧めします。

オンラインなら画面越しなので、変なプレッシャーを抱えることなく会話ができるし、しかも相手も英語を教えるプロなので、例え下手だとしても丁寧に対応してくれます。

 

また今は、一日30分の安価で受講できるものもたくさんあり、時間や予算に合わせて理想のサービスを見つけることが可能。

ただこういったサービスを使う時のコツがあり、オンライン英会話等で学んだことを、外国人と対面で実践する機会を必ず設けるようにしてください。

 

やはり私達が英語を学ぶうえで、いつかは外国人と面と向かって会話をすることが最終目的であり、実際に自分の目の前に外国人がいるだけで緊張感が全く違います。

なので最初は勇気がいると思いますが、ある程度覚えたら、実践で試してみること。

 

そして失敗や恥ずかしい思いを経験しながら、悔しさをバネに学習に取り組み、また再度対面での会話に挑戦する。

すごく泥くさいやり方ですが、学んだことは実践に落とし込まないと意味がないので、英語での会話を楽しみながら、外国人と会う機会を設けることを意識してみてください。

 

ランゲージエクスチェンジで無料で英語が学べる!オンライン言語学習ツール→【italki】

月額6,480円で受講し放題!予約不要!レッスン時間の縛り無し!→【ネイティブキャンプ】

ネイティブの講師が多数在籍!レッスンが自動録画されるから復習に最適!→【Cambly(キャンブリー)】

 

「ライティング」を伸ばしたい方

作文を書く子供のイラスト(女の子)

「書く力」を伸ばすには、文法力や、単語力、文の構成力などの総合的な能力アップが必要になります。

そもそも基本的な文法力がないと英文は書けないですし、基本5文型をしっかり学習し、文を組み立てる能力を養っておかなければなりません。

関連記事

皆さんは英語を習得するのに「英文法は必要?必要じゃない?」と考えたことはありませんか。   「中学校から散々英語を学習し続けてきたのに、全然英語が話せない…」 「英語の文法を勉強したはずなの […]

 

文法を学ぶのにオススメの教材は、大西泰斗先生の【一億人の英文法】に分かりやすく解説されているので、一冊持っておくと英作文する時に大変便利です。

また定期的に日記を書くことも、ライティングを鍛えるのに効果があります。

テーマは何でもいいので、使える英語をフル活用して日々の出来事を英語で書いてみましょう。日記を書いたらオンライン英文添削サービス「Grammarly」を使って修正箇所を確認すること。

 

または先ほどの「スピーキング」の部分で、オンライン英会話のサービスに登録された方は、実際に講師にお願いして書いた文章をチェックしてもらうのも有りですね。

ただ単に自分が好きなように書いて満足するだけでは、一向に「書く力」は伸びていきません。

今は安価で便利な学習ツールがたくさんあるので、それらを活用して効率的に英語を学んでいきましょう。

 

【補足】定期的にTOEICを受けて自分の英語レベルを把握しよう

試験を受ける人のイラスト(男性)

もし英語学習をやっていて途中でめんどくさく感じたり、勉強自体に飽きてしまった方は、ぜひ自分の実力が試せるTOEIC試験を受けることをオススメします。

 

どんな学習もそうですが、常にモチベーション高く続けられる人の方が稀で、普通の人であれば必ずやる気が無くなるタイミングが訪れると思います。

また仕事が忙しくてできない日が続いてしまうと、ズルズルと学習が止まってしまい、気付いたら諦めて勉強自体を辞めてしまう人も。。

 

そんな時は、TOEICを受験して自分の英語力の成長を感じてみてください。

TOEICを受験することでスコアとして結果がでますし、勉強の成果が数字で見えることで、また再び学習意欲が高まることでしょう。

 

ただしTOEICは英語力だけではなく、良い点数を取る為のテクニックも必要なので、受験1ヵ月ぐらい前からTOEIC対策の学習をしておくことをオススメします。

 

そこで便利なのが【SANTA TOEIC】というアプリで、AI技術を活用したTOEIC学習者向けの非常に優秀なサービスになります。

個々の間違えやすい問題から苦手な部分を見出し、重点的に特訓することができることから、短期間でより成果を上げるのに必要な機能が盛り沢山です。

 

しかも月額2,000円程度で、スマホ一台でいつでも気軽に学ぶことができ、AIが自分に足りない部分を補う為のカリキュラムを自動で作ってくれます。

かなり近未来的なサービスですが、アジアを中心に100万人以上のユーザー数を誇り、特にお隣韓国ではTOEIC対策によく活用されているとか。

 

また【SANTA TOEIC】以外にも、日本には同じようなサービスで、【スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン】が有り、専属コーチによる個々に合わせた徹底指導が一番のウリ。

 

またコスパ的にもほぼ同じで、それぞれの強みを表すなら、

AIによる苦手分野を分析してパーソナライズすることに魅力を感じる方【SANTA TOEIC】

半強制的な環境で専属コーチの学習管理・徹底指導を求める方【スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン】

このように判断すると分かりやすいと思います。

 

オースティン君

個人的には学習を飽きずに続けるのが苦手だから、定期的に厳しく指導してくれる人間の存在があった方が頑張れるかな。。

そういう方には間違いなく【スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン】の方が合ってるよ♪

 

まとめ

 

英語学習に関して色々と述べさせて頂きましたが、何事にも毎日続けるというのは、決して簡単なことではありません。

だからこそ、自分に合った学習方法を早い段階で見つけるのが大切で、ただ単にダラダラとやってしまっても意味がなく、そのうち飽きて止めてしまうでしょう。

 

そうならない為にも、最初は自分に合う方法が見つかるまで色々な学習法を試してみること。

英語の学習法は一つだけではないし、いくつかの方法をやってみて初めて、自分のやりやすい形で勉強を進めることができます。

 

またモチベーションが上がらない時は、現在の実力を肌で感じることも大切です。

TOEICを受けてスコアで判断したり、実際に外国人に面と向かって話しかけてみてください。

 

そこでもし、何かしらの成果を残すことができたなら、必ず頑張っている自分を褒めてあげるのも大事なこと。

毎日の努力の積み重ねは必ず意味があるし、学習のやる気アップにも活かされてくるはずです。

 

ぜひ諦めずにコツコツ続け、そして何よりも楽しむことを意識して頑張りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

「英語を喋れるようになりたい!」と思って勉強を始めても、日本人の約50%以上が途中で挫折して辞めてしまうと言われています。 なぜ日本人は英語の習得がこんなにも苦手なのでしょうか?   その答 […]

関連記事

僕は約3年半ほどワーホリを使って海外に住んでいた経験があり、その間は現地のローカル企業でずっと働いていました。   これを聞いてもあまりピンと来ない人もいるとは思いますが、いわゆる一般的な日 […]

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告