ワーホリを考えている方なら必ず通る、語学学校に行く?行かないべき?という問題があります。

しかしネットで調べたり、エージェントに聞いてもだいたいは「行った方がいい」と言ってきますよね。

 

しかし英語学習において語学学校が本当に必要なのか?と言われると、個人的には「YES!」だとは言えません。

なぜなら僕自身が過去に一ヶ月だけ通ってすぐ辞めた経験があり、そこから導き出した答えがあるからです。

 

そこで今回は、そんな語学学校に行こうか悩んでいる方に向けて、経験者なりの意見を交えながら、正しい判断の仕方について解説したいと思います。

 

ほとんどの日本人にとっては語学学校に通う必要性がない

 

まず最初に僕の経験から導き出した答えとして、

”海外の語学学校も英語教育のやり方は日本と大して変わらない”です。

 

もちろん海外なので先生との会話は全て英語ですが、授業の中身に関して学生時代に習ってきた内容と、そこまで大きな違いがある訳ではないということ。

では早速質問ですが、「日本人は最低でも約6年間英語を勉強してきているのに、なぜ話せない人が多いんだと思いますか?」

 

実はこの質問に対してハッキリと自分の意見を述べれるようにならないと、英語習得における本当に大切なことを理解することができないのです。

 

英語「を」学ぶではなく、英語「で」学ぶ大切さ

芝の上でくつろぐ家族のイラスト(男の子)僕達が学生時代に学んできた英語という科目は、「英語を学ぶ為の勉強」をしてきましたよね?

にも関わらずほとんどの日本人が英語を喋れないし、理解することが苦手です。

 

なぜそうなるかと言うと、「日本人は小さい時から”英語で”学習を積み重ねてきていない」ということ。

これは学校の授業だけでなく、テレビや本・友達関係の中で、英語で見たり、聞いたり、話す学習をやってきていないと言う意味です。

 

英語は会話をする為に必要なツールであり、本来テストを受ける必要もないし、問題を解く必要性もないもの。

 

僕達が日本語を当たり前のように話し、聞くことができて、理解することができる。

しかしここまで達するのに日本語のテストを受けたり、日本語の問題を解くような授業を受けてきましたか?

 

おそらくほとんどの方は「日本語で」好きな本を読んだり、好きなテレビを観たり、仲のいい友達と話してきた結果、自然と日本語を習得してきたのではないでしょうか。

 

これが語学を習得するうえで非常に重要な要素であり、語学学校や日本の学校で教えられる英語の授業は、この英語で好きなことを読む・聞く・話すという機会が圧倒的に少なすぎるんです。

だから「英語=勉強=授業」だと捉えている人が多く、その結果コミュニケーションとしての認識よりも、まず先に「勉強」だとしか思わないから一向に会話力を習得することに繋がらない。

 

一般的な語学学校での授業は、ほぼ間違いなくこの「英語を教えることにフォーカスした内容」であり、英語の理解力は得ても、必ずしも英語が喋れるようにはなりません。

 

更に英語が喋れない人が入学した場合、日本人が多いクラスか、他国の人でも英語が上手じゃない人ばっかりのクラスに振り分けられることになります。

 

その結果クラス内で会話していても、自分が発する英語が正しいかどうか相手も分からず、自分も相手が言っている英語が正しいのかも分からないという状態に。

しかも授業中でも日本語が飛び交い、休み時間は日本語で会話をする。

 

これで英語が上達する環境だと言えるでしょうか?

 

僕自身はこの経験をしてきたからこそ、英語習得の為の語学学校はあまり意味がないと思っていて、通うメリットはまた別の部分にあるのです。

 

英語を勉強する為だけの語学学校なんて存在しない理由

 

では語学学校に通うことを推薦する方達の意見を簡単にまとめてみると、2つの意見が最も多いことが分かりました。

  • 語学学校に通った方が英語力が伸びる
  • 学校に通えば友達もできて情報交換しやすくなる

ほぼこれだけです!

 

もちろん彼らが言っていることが間違いではなく、正しいことを言っているのは事実なのですが、かと言って「英語の習得」と言う部分だけで見ると疑問点がかなり多いことが理解できます。

 

例えば語学学校を勧めてくる人をよく観察してみると、いくつかの特徴が見えてきます。

  • 語学学校に通って英語が実際に伸びたと感じている人
  • 語学学校に通って友達ができた人
  • 語学学校に通って仕事や住まいを見つけられた人
  • 元々多少の英語が喋れるからコミュニケーションが容易だった人

 

これらの理由から分かる事として、誰しもが語学学校に通って良かったと感じるのではなく、これは単なる個人的な主観でしかないという事です。

 

人によっては友達をたくさん作ることに喜びを感じる人もいれば、元々社交的で学校という環境が好きな人もいますよね。

そういう人にとってはその環境にいるだけで楽しめるし、友達との交流も多い為、英語に触れる機会が自然と増えて気づいたら英語が上達していたという人もいるでしょう。

 

要は語学学校を勧めてくる人自体、英語習得の為だけに通うことを勧めているのではなく、友達との交流や情報交換の場として使える環境であることを伝えたいケースがほとんど。

また語学学校で英語力が伸びたと思っている人の場合も、学校以外で外国人の友達との交流が多かったり、影でコツコツ努力を積み重ねてきたと言う人ばっかり。

 

確かにそういうきっかけを作ると言う意味では、通った方が良いのかもそれませんが、結局は自分の努力次第で英語力の伸びも違ってくると言うこと。

なので語学学校に通えば英語力が伸びる!と思うのではなく、そこで学んだことを色々な場面で活かしたり、積極的に外国人と触れ合う努力をしなければ得るものも無いのです。

 

実際に僕達が滞在中に出会った人の中にも、数十万円も払って何ヶ月も語学学校に通ったにも関わらず、英語が一向に喋れないまま、ただお金と時間を無駄にするだけで帰国した人もたくさんいます。

今一度語学学校に本当に通うべきなのか、しっかり考えて頂きたいと思います。

 

ある一定の人だけには語学学校に通うことを勧める理由

 

散々語学学校に通うことを否定してきた僕ですが、ある一定の人だけには通うことをオススメしています。

それは『英語をある程度理解している人』です。

 

何を基準に「英語を理解している人」かと言うと、外国人相手でも何となく言っていることが分かり、カタコトでもいいから伝えたいことが言えるような方こそ語学学校に通うべきだと思っています。

 

なぜこのレベルの人にオススメかと言うと、

  • クラス振り分けの段階で英語中級者の仲間に入れる
  • 実用的な英語を使う授業を受けれる
  • 学校内で英語を話す機会が一気に増える
  • 日本人が比較的少ないクラスに入れる

このようにある程度英語を理解していると、英語を使って会話をする機会が増えるだけでなく、身につけた基礎的な英語力の精度を更に伸ばすことができるからです。

 

英語初級者の時とは違って授業の内容も、ネイティブがよく使う英会話や比較的難しい言葉の言い回しを学べ、クラスメイトもヨーロピアンなど英語が上手な人と一緒に授業を受けることができます。

もしクラス内で仲良くなれば一緒に遊びに行ったり、パーティに誘われることもあるでしょう。

 

こうなってくると自然と外国人に囲まれた環境で、仕事や遊び、交友関係も幅が広くなっていくことから、ある意味努力しなくても自然と英語を習得していくことができます。

なので語学学校に通いたいと思っている方は、最低でも英語の基礎的な会話力を身につけ、リスニングとスピーキングをそこそこ習得した状態で通うようにすると、経験をより活かせるのでオススメです。

 

まとめ

 

留学したての女性のイラストワーホリで行かれる際に語学学校に通うべきか悩んでいる方へ一言。

「英語初心者は、ある程度基礎を理解してから行くべき!」

と言うのが僕の意見です。

 

一般的なエージェントや、経験者の中に語学学校を勧めてくる人はいますが、その意図や何を伝えたいのかをしっかり理解するようにしましょう。

もちろん語学学校に行って良かったと思っている人は世の中にたくさんいるのは事実であり、全ての日本人に行くな!とは言いません。

 

ただし通うのにもお金と時間を使う訳だし、何かしらの収穫がないと行く意味がありませんよね。

もし英語初心者の方が一から英語を習得するなら、語学学校ではなく、英語学習のコツを教えてくれる人や企業を見つけましょう!

 

では今回も読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告