留学やワーホリと言えば、多くの方は「英語の勉強の為」だと思っているのではないでしょうか。

もちろん英語の勉強も大切なことではありますが、実は英語を勉強する為だけの目的では、その経験が失敗に終わる可能性が高いです。

 

その理由は、同じように留学やワーホリで訪れてきている外国人を観察するとすぐにその答えが分かります。

それは、必ず「英語+〇〇」の学ぶ目的があるうえで渡航してきているということ。

 

僕は日本人と外国人を比較した時に、海外に訪れる理由や目的にこそ、成功か失敗を分ける大きな要因があることに気づくことができました。

そこで今回は、なぜ英語以外の目的を作らないといけないのかについて、実体験を交えながら解説したいと思います。

 

「英語が喋れる=カッコイイ」が日本人の民度を下げている

 

ちなみに僕はニュージーランドとオーストラリアに住んでた経験があるのですが、その理由は「海外で美容師をやりたい!」と思ったから海外に住むことを決めました。

それ以上でもそれ以下でもありません、「ただ外人の髪をやってみたかった」それだけです。

 

でもかと言って当時の僕は英語が上手に喋れる訳ではありません。

結果的に英語を勉強することにはなるのですが、もし英語だけが目的だったら、おそらく海外経験が辛いものにしかならなかったと思います。

 

それは海外移住自体が、中途半端な気持ちで経験するような甘いものではないからです。

 

でも実際に現地に来ている日本人の多くは、「なんとなく海外に住みたかった」とか「英語が喋れたらカッコイイ」、「外人と付き合ってみたかった」など、目的という目的がほとんどなく”ただ来た”という人が本当に多い。

もちろん世の中全体で見ればそういう人もいますが、少なからず僕が知り合った他国の留学生で、曖昧な目的で渡航してきている人は本当にいなかったんですね。

関連記事

最近は若い人を中心に、日本の将来に不安を抱いている方やフリーランスなどの多様な働き方によって、昔よりも海外移住に関して積極的な人が増えてきているそうですね。   僕個人的には、日本人こそ海外 […]

 

ではそんな彼らはどのような目的で訪れてきているのか、僕が知る限りの理由を並べてみました。

  • 母国で所得の高い職に就くのに英語が必要
  • 良い大学に行く為に英語が必要
  • お金を貯めて母国で新しいビジネスを始めたい
  • 移住して前職のキャリアを活かしたい
  • 英語の教師として生の英語を学びたい
  • 海外の大学に通って新しいことに挑戦したい

 

このように彼らの目的は英語ではなく、「英語を使って何かを得たい」もしくは「英語を使って将来に繋げたい」などと言う目的が必ずあるのです。

留学やワーホリなんて彼らにとっては通過点でしかなく、自分の人生に必要不可欠だから訪れてきている。

 

それに対して日本人の多くは特に仕事にも困ってないし、お金が無い訳ではない、けどなんとなく海外に行ってみたかったから来てみたと言う感じ。

僕はそれまで日本人は世界一真面目で、誠実で、他国に負けない素晴らしい能力を持つ人種だと信じてました。

でも実際は決してそうとも言えない世界の進化に危機感を感じたんですね。

 

そもそも英語は単なるコミュニケーションにおいてのツールでしかないし、英語圏では英語は喋れて当たり前、日本で英語を使う場面なんてほとんど無い、そこに日本人が英語を学ぶ理由なんてありますか?

 

「海外に滞在する=英語」ではなく、「海外に滞在する=人生の学び」へとシフトすることが、この経験を将来に活かすカギになるのは間違いありません。

それを勘違いして、「ワーホリ(留学)=英語の勉強」なんて思ってる時点で、必死に生きる他国の人に圧倒的に負けています。

 

なのでまず第一に考えてほしいことは、『英語を学んで何を得たいのか?』を意識して行動することが何よりも大切なのではないでしょうか。

関連記事

僕は26歳の頃に海外で美容師をやることを決め、ニュージーランドとオーストラリアに移住した経験があります。 当時の僕は何も知らない、何も経験値のないまま移住したので最初はすごく苦労しました。 &nbsp […]

関連記事

海外から帰ってきてからよく聞かれる質問で、 「海外で住むのってどんな感じなの?」 「海外って大変そうだよね。」 「なんで海外に住む事を決めたの?」 こんなことをよく聞かれます。   実は日本 […]

 

海外移住を成功させる!外国人から学んだ英語以外の目的4選

 

 

オースティン君
ではここからは、実際に外国人から学んだ「英語+〇〇」の目的を4つ紹介させて頂きます。海外経験を積むうえで非常に重要なことなので、自分の目標設定の参考にしてもらえればと思います。

 

①英語以外の言語習得

そもそも、僕たちが日本語を喋れる時点で特別な存在であることを忘れてはいけません。

 

世界において日本語が喋れるということは、「日本語を伝える側になればいくらでも仕事にするチャンスがある」のです。

日本語教師や翻訳、海外に拠点を持つ日系企業で働くこともできるし、英語が喋れるからすごいとか、日本人はそういった考えを捨てることから始める必要があると思います。

 

なのでここで言いたいことは、英語だけを言語習得のゴールに設定しなくてもいいということ。

そもそも皆さんに知っておいて頂きたいことの一つに、英語は世界一使われている言語ではありません。

1位:中国語
2位:スペイン語
3位:英語
4位:ヒンドゥー語
5位:アラビア語

 

世界で通用する言語を学ぶには、中国語、スペイン語などを使えるようになった方が多くの人の役に立つし、日本人で中国語やスペイン語が堪能な人は少ないので、様々な場面で活躍できるのは間違いないでしょう。

そうなると、「海外留学=英語圏の国」というイメージを捨てる必要もあるので、自分が興味がある国や将来やりたいことをベースに、滞在する国を選ぶのが何よりも大切なことだと思います。

 

②キャリアアップ(海外転職)

実際に海外で美容師を体験したから分かることですが、プロという立場の人に対する世間の信頼度や尊敬度で見れば、日本人よりも外国人の方が尊重する人が多いです。

一番分かりやすいのが収入で、ニュージーランドで美容師をやってた時は日本で働いてた時の倍近く稼いでいました。

 

もちろん特別なスキルを持った専門職であり、かつ実力がないと海外では認めてくれませんが、裏を返せば能力さえあれば海外の方が活躍できる可能性が桁違いに高いです。

 

日本で頑張って仕事してるけどなかなか給料が上がらないとか、毎日の労働が辛いと感じてる方は、その職業を辞める前に一度海外で働くことを視野に入れて動いてみてください。

もしかしたら人生を変える大きなきっかけになるかもしれないので、一歩踏み出して挑戦することをオススメします。

関連記事

「自分の職種って海外で需要あるのかな。。」 「海外で働くのってなんだか難しそう。。」 「英語が喋れないけど大丈夫かな。。」   実際に海外に移住目的で来られる方には専門職の方が多いですが、必 […]

 

海外転職オススメサイト

英語・外資系に強い人材紹介会社JAC

 

③新しいことに挑戦する(資格取得)

留学やワーホリどちらにも言えることですが、海外に住むと決めた以上は、何か得たいものや目的が必ずあった方がいいです。

その際に、日本に住んでた時は経験できなかったようなことに挑戦したり、また現地の学校に通って専門的な勉強をし、資格を取得するのも面白いと思います。

 

海外は色々な意味で自分をリセットする良い機会なので、日本で培ってきたものがあったとしても、あえて崩して新しいものを取り入れるのにベストなタイミングなんですね。

 

僕の知り合いでも前職は全く違うのに海外に住んだことで、

  • 看護師
  • エンジニア
  • 保育士
  • 教師
  • 研究員

など、今までの自分とはかけ離れたことに挑戦し、結果的に充実した生活を送っている人がたくさんいます。

 

なので良い機会だと思って、やりたくてもできなかったことや今興味があることの為に学校に通ったり、現地で働く選択をするのはその人の人生においてかけがえのない経験になるでしょう。

 

④海外生活で得た経験を帰国後に活かす

元々専門的な知識もスキルもない、一般的な職種しかやってこなかった人は、海外生活を経て得た経験をそのまま日本帰国後に活かすというのがオススメです。

 

自分が生まれ育った国を離れて外から日本を見てみると、色々な部分から客観的な視点で判断できるようになります。

でもこれこそが海外生活をする最大のメリットだと思っていて、その新しい価値観が自分の新たな道を築いていくきっかけにもなるということ。

 

例えば、僕がニュージーランドに住んでみて変わった価値観の一つに、コーヒーに対する視点が大きく変わりました。

元々そこまで好きではなかったのに、欧米のカフェ事情に触れ、その結果毎日2~3杯は必ず飲むようになり、将来的に自分のカフェを出して生活したいなんてことも考えています。

 

このように海外に住むことで見る視点も考え方も変わるのはよくあることです。

でもそれを活かすかどうかはその人次第で、そこで得た知識や経験を日本帰国後の目標にするというのは、すごく賢いやり方だと思います。

 

ちなみに僕自身も元美容師で、今は留学とかワーホリのサポート事業をやっていますが、きっかけは海外に住んだことで自分を変えることができたのが全ての理由です。

海外留学&ワーホリサポート【booos+】

 

海外経験を自分の人生の糧にしよう♪

 

英語は一度習得してしまえば、色々な国籍の人とコミュニケーションができる最高のツールです。

しかし英語をただ学習するだけでなく、「英語で〇〇を学ぶ」といった英語+αの目標があった方が、習得の早さもモチベーションの維持にも大きく関わってきます。

 

実際に世の中英語が使える人はたくさんいますが、彼らは何かを学ぶ為に英語が必要だったから勉強したという人がほとんどです。

正直日本に住んでるだけで、日本人としか会話しないのであれば学ぶ必要性も無いですしね。

 

でもせっかく海外留学やワーホリを人生というカテゴリーの一つに選ぶのであれば、英語を学ぶついでに新しいことに挑戦してみませんか。

すごく大切なことなので、海外に住む予定のある方はぜひ参考にされてみてください。

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告